スポンサーリンク

【WWE】セオリーがビンス・マクマホン引退とビンスから学んだことを語る。「これ以上ないグループが彼の後を継ぐ」

インタビュー

ビンス・マクマホンが引退したことにより、彼が重宝していた選手たちの待遇に注目が集まっています。

次世代スター、ネクスト・ジョン・シナとしてプッシュされていたセオリーはビンス引退の影響を受けやすい立場にあると考えるファンもいますが、彼はHHH率いるNXTでも活躍していましたし、HHHがクリエイティブを引き継いだ新体制でも活躍が期待できます。

【WWE】ビンス・マクマホンはオースチン・セオリーに「若きジョン・シナ」の姿を見ていると報じられる
2021年にメインロースターへ昇格した後、ビンス・マクマホンに気に入られて強くプッシュされているセオリー。レッスルマニア38では、スティーブ・オースチンのスタナーを受けるという貴重な体験をすることもできました。 彼はビンスから...

デニス・サルセドによるインタビューの中で、彼はビンス引退と「ビンスから学んだこと」を語りました。

NXTにいた頃、HHHのもとで素晴らしい時間を過ごすことができた。メインロースターに昇格してからも最高だ。

変化が起こるのは怖いと感じるものだよ。単純な違いもあるし、これまでとは雰囲気も変わるわけだから、快適だと感じられなくなるかもしれない。ただ、ステファニー・マクマホン、ニック・カーン、HHH、そしてブルース・プリチャードというビンスの後を継ぐグループは、俺たちに見えない部分でもとてもクリエイティブな人たちだ。今はそれぞれ考えていることが違う。彼らほどビンスの後を継ぐのにふさわしいグループはないと思うよ。

(ビンスから得た最大の学びについて質問され)「予想外のことを期待すること」だ。このことを伝えられた時、「確かにそうだな」って思ったよ。俺たちが俺のキャリアについて話す時は、「予想外のこと」が話題になった。これだけのことが俺の身に起こるなんて思ってもみなかったよ。

【WWE】オースチン・セオリー「ビンス・マクマホンはレッスルマニア38での『スタナー受け失敗』を女性選手たちにからかわれていた」
レッスルマニア38で久々にスタナー受けを披露したビンス・マクマホン。 2夜連続開催となったプロレス界最大のお祭りの主役となったストーン・コールド・スティーブ・オースチンのスタナーは受けての技術が問われる技で、いかに芸術的な受け...

The rise of Theory: WWE Playlist

(Fightful)

あわせて読みたい

AEWの初期メンバーたちの契約はいつまで続くのか?ケニー・オメガは例外的
2019年に設立されたAEWは、多くの初期メンバーと3年契約を結びました。 契約には2年の契約オプションが含まれており、双方が合意すれば契約期間を2年延長することができます。 ヤング・バックスやハングマン・ペイジは202...
【海外の反応】アメリカ遠征中の竹下幸之介が一時帰国。海外ファンが4ヶ月間の衝撃を語り合う…「AEW最大の外国人スターになれる」
AEWを中心に様々な団体へ参戦し、アメリカのプロレスファンに衝撃を与えるような試合を次々と生み出した竹下幸之介。 DDTのトップレスラーであることを知っているファンもいたでしょうが、これほどの逸材だとは思っていなかったかもしれ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました