スポンサーリンク

【AEW】「Dynamiteの放送時間が1時間に短縮されるのではないか」という噂が否定される

ニュース

悪い噂が流れる時はドッと流れるものです。最近のAEWはネガティブな話題が多く、HHHがクリエイティブの責任者に就任したWWEにはポジティブな話題が目立ちます。

プロレス団体にとって、テレビ局と良好な関係を築くのは何よりも大切なことです。テレビ番組を放送し、視聴者を満足させ、新しいファンを増やし、ビッグイベントで稼ぐ。このスタイルは今後も続くでしょう。

AEWのテレビ番組、DynamiteとRampageはワーナー・ブラザース・ディスカバリー系列のテレビ局で放送されています。2022年にワーナー・ブラザースとディスカバリーの合併が完了した後、会社は積極的な経費削減を続けており、AEWがその対象になる可能性はゼロではありません。

ここ最近のSNSでは、一部で、「AEWはワーナーを満足させられていないため、Dynamiteの放送時間が1時間に短縮されるのではないか」という噂が流れていました。しかし、これは複数のDirt Sheetによって否定され、事実無根の噂に過ぎないことが確認されました。ワーナーがAEWに満足している、というのは度々報じられていることです。

Dynamiteは水曜日にケーブルテレビ局で放送される全番組の中でもトップクラスのレイティングを記録している団体で、制作費も少ないため、ワーナーにとっては都合の良いコンテンツです。放送時間を減らすのは理に適っていません。

ただし、今後も番組の放送を続けられるかは分かりません。現在のテレビ放送契約が終わる時、何が起こるかは神のみぞ知る…です。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコ「ヒールターンした時に入場曲に手を入れようと思ったが、トニー・カーン社長が反対した」
AEWの重鎮クリス・ジェリコ。入場曲は自身がフロントマンを勤めるバンドFozzyの「Judas」で、2017年にWWEから退団した後はこの曲を使い続けています。 AEWのファンがシンガロングするほどの大人気入場曲になったJud...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました