スポンサーリンク

【WWE】ジェフ・ジャレットの退団とロード・ドッグの復帰、そしてHHHとブルース・プリチャードの関係について興味深い話が報じられる

未分類

先日、2022年1月にライブイベント部門の責任者としてWWEに復帰したジェフ・ジャレットが退団し、2022年1月にWWEから解雇された元NXTプロデューサーのロード・ドッグがジャレットの後釜として復帰しました。

ビンス・マクマホンの引退、そしてHHHのクリエイティブ責任者就任による人事と見られているこの出来事。実際には何が起きていたのでしょうか?

【WWE】ロード・ドッグが退団したジェフ・ジャレットに代わって幹部職としてWWEへ復帰
2022年1月にWWEから解雇されたロード・ドッグ。 HHH時代のNXTでプロデューサーとして活躍した彼は、NXTの新時代への移行の流れで団体から「不要」と判断されウィリアム・リーガル卿やゲイブ・サポルスキー、サモア・ジョーら...

レスリング・オブザーバーによれば、ジャレットのWWE復帰はビンスが決断したもので、ビンスにアイデアを提案したのはRAW&SmackDownのエグゼクティブ・ディレクターを務めるブルース・プリチャードだったそうです。そして、ジャレットが退団し、ロード・ドッグを連れ戻したのはやはりHHH。彼はNXTを率いていた頃のチームメンバーを次々と団体に連れ戻しています。

プリチャードはビンス体制下で非常に強い影響力を持っていた人物で、ビンス引退後もメインブランドだけではなくNXTのクリエイティブにも深く関与しています。彼は「スポーツ・エンターテインメント」側の人物だと見られており、「プロレス」側のHHHとは意見が必ずしも一致するわけではありません。当然、HHHチームの一員でもなかったため、今後の去就に注目が集まっています。

とはいえ、プリチャードはリーダーであるHHHの意向に従うだろうという見方が強く、今後も彼はWWEに残るでしょう。ただ、HHHがかつてNXTを一緒に作り上げていたバックステージのチームメイトたちを連れ戻し続ければ、プリチャードの立場は危うくなるかもしれません。

(Wrestling Inc, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ボビー・フィッシュがいわるゆ腿ペチに苦言。「プロレスの試合を見る時、ファンは音に反応するよう仕向けられている」
プロレスにおいて、音は非常に重要な要素の1つです。 会場で試合を生観戦すると、とにかく音の迫力に驚かされます。レスラーがリングに叩きつけられる時に鳴る大きな音は、彼らの体に起きているダメージの大きさを容易に想像させます。また、...
【AEW】サンダー・ロサについて複数のネガティブな情報が報じられる。レスラーとしての評価が仲間達の間で割れている?
AEW女子世界王座チャンピオンのサンダー・ロサは、現地9月4日開催のPPV「ALL OUT」でトニー・ストームを相手に防衛戦を戦う予定でした。 しかし、怪我により欠場することから、暫定王者を決める4wayマッチが行われることに...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました