スポンサーリンク

【WWE】トレント・バレッタ「ロード・ドッグは親切だったが、Facebookで俺の陰口を叩いていて傷ついた」

ニュース

WWEの幹部として活躍中のロード・ドッグ。

D-ジェネレーションXの一員としてWWE電度入りを果たしている彼は、NXT時代に一緒に働いていたHHHがクリエイティブの責任者へ就任したことでWWEへ復帰し、ライブイベント部門の責任者を務めています。

幹部として選手やOBたちと良好な関係を築くべき立場ではありますが、最近はその発言が炎上してしまいました。彼は自身のPodcastで「俺はブレット・ハートが優れたレスラーだとは思えない。俺は彼よりもよりも優れたスポーツ・エンターテイナーだ」と発言し、ファンから批判を浴びました。

この発言を受け、AEWでジェリコ感謝協会のメンバーとして活躍するマット・メナードは、「俺はロード・ドッグよりも優れたスポーツ・エンターテイナーだ」とツイート。これに対し、元WWEで現在はベスト・フレンズのメンバーとしてAEWで活躍中のトレント・バレッタがリプライし、彼とロード・ドッグの間に問題があることを明かしました。

面と向かって話す時は、彼は俺に対していつも親切だったよ。でも、数年後、彼はFacebookで俺の陰口を叩いていた。それを知った時は傷ついたよ。

ネット時代では、誰かがどこかで話していた内容が表沙汰になりやすく、特にオープンなプラットフォームでの発言は対象の相手に届いてしまうことが少なくありません。ロード・ドッグにそんな気がなかったとしても、陰口を叩かれたバレッタは傷ついたのでしょう。

Michael Nakazawa vs Trent? | AEW Dark 11/24/20

あわせて読みたい

バンディードはなぜWWEではなくAEWへの入団を決意したのか?
元ROH世界王座チャンピオンのバンディードは、WWEとAEWの2団体から契約オファーを受けていました。 AEWのトニー・カーン社長がROHを買収したという縁もあり、Dynamiteでクリス・ジェリコの持つROH世界王座に挑戦し...
【WWE】コーディ・ローデスがAEW退団の理由についての噂を否定。「ファンのせいじゃない」
AEW設立メンバーの1人で、団体の副社長を務めていたコーディ・ローデス。 2022年に彼が退団し、古巣WWEへ移籍したのは衝撃的なニュースでした。Change The Worldを掲げるAEWにおいて、アンチWWEを最も強く打...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました