スポンサーリンク

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがカール・アンダーソンのWWE復帰を語る。「俺がWWEと話をすることになった」

インタビュー

新日本プロレスのNEVER無差別級王座を保持しながらWWEへ復帰し、その後も両団体での活動を続けているカール・アンダーソン。

世界中のプロレスファンを驚かせた彼のWWE復帰は、当然新日本のオフィスを揺るがす事態に発展しました。

新日本の海外戦略に欠かせない存在のロッキー・ロメロは、親しい友人であるアンダーソンとWWEをめぐるストレスフルな状況について、ルネ・パケットのPodcast番組で振り返りました。

俺にとって、ストレスの溜まる状況だったよ。アンダーソンが、接触してきたWWEとやり取りを始めてからはね。試合の日程とか、いろんなことがあったから、ナーバスになっちゃってさ。彼はNEVER無差別級のチャンピオンだし。心配になった俺は、彼に「俺の頑張りを無駄にするのはやめてくれよな」と伝えたんだ。彼が新日本に復帰できたのは、俺の働きがあったからだから。良い条件で出て行った彼らを呼び戻すのに一役買ったんだよ。

結局、彼は「俺たち(アンダーソンとルーク・ギャローズ)は契約することにしたから、誰かがWWEと話をしなきゃならないんだ」って感じのことを言ってきた。誰かってのは、当然俺だよな。やったよ。向こうには向こうの起用プランがあったから、ちょっと混乱が生じたりもした。アンダーソンの出場が決まっていた11月5日の大会と同じ日に、向こうはサウジアラビアで大会をやるんだ。ブッキングの衝突が生じるのは明らかだったよ。

不安定な出だしだった。彼らはサウジアラビアへ行き、俺たちはそれを飲み込んで新しい日程を決め、デカいアングルをやることに決めた。それがベストな方法だと思ったし、すべてがうまくいけばいいとも思ったけど、どうなるかはわからない。最終的に、彼は新日本でタイトルの防衛に成功し、東京ドームでのレッスルキングダム17でタマ・トンガと戦うことになったわけだ。

お疲れ様でした…。ここで言えないいろんなこともあったのでしょうし、ロッキーには本当に頭が下がります。

Karl Anderson on New Japan controversy: WWE After the Bell, Nov. 11, 2022

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロが設立当初のAEWと新日本の冷え切った関係を振り返る。「ケニーは所属レスラーだったからね」
2019年に旗揚げしたAEWは、新日本プロレスやROHで活躍していたケニー・オメガやヤング・バックス、コーディ・ローデスを中心として設立された団体です。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことや、新日本の社長だったハロル...
【WWE】ブロンソン・リード(ジョナ)復帰の背景には何があったのか?
RAWの最新回で約1年半ぶりにWWEへ復帰したブロンソン・リード(ジョナ)。 インディシーンに復帰した後の彼は新日本プロレスやインパクト・レスリングで活動しており、つい最近までSNSでレッスルキングダム17への出場をほのめかし...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました