スポンサーリンク

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロが設立当初のAEWと新日本の冷え切った関係を振り返る。「ケニーは所属レスラーだったからね」

未分類

2019年に旗揚げしたAEWは、新日本プロレスやROHで活躍していたケニー・オメガやヤング・バックス、コーディ・ローデスを中心として設立された団体です。

新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことや、新日本の社長だったハロルド・ジョージ・メイが退任したことで両者の距離は急接近し、現在では提携関係にあります。

しかし、設立当初のAEWと新日本の間には冷え切った空気があり、一緒に仕事をすることはなかなか考えられない状況でした。ジョン・モクスリーやクリス・ジェリコの新日本参戦はあったものの、これは彼らとAEWの契約に新日本への参戦を認めるオプションが含まれていたことによる例外でした。

のちに開催された両団体の合同興行「Forbidden Door」の開催に大きく貢献したロッキー・ロメロは、かつての両団体の関係について振り返り、次のように語っています。

新日本とAEWの関係は少し険悪な始まり方をしたんだ。The Eliteのケニーたちは新日本の一部だったし、彼らが「新団体を立ち上げる」と言って出て行ったのは奇妙に見えた。特に、ケニーは新日本と契約していた所属レスラーだったからね。新団体のために辞める、というのはさ…。スタートはベストではなかった。当時の社長(メイ氏)はAEWと組むことに反対していたし。

新日本とAEWが組むまでに至る間にはさまざまな報道があり、「新日本とAEWの関係は明らかに悪い」ということを示すものばかりでした。現状が信じられないほどの状況を改善するのに貢献したロッキーには感謝しかありません。そして、Forbidden Door開催のきっかけとなったケニーは今も新日本にとって重要な存在なのです。

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがForbidden Door開催の経緯を語る。「1年半前、ケニー・オメガが電話してきて…」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は大盛況でした。 ファンからの評判は非常に良く、ウィル・オスプレイ VS オレンジ・キャシディというマッチ・オブ・ザ・イヤー候補級の試合も生まれ、収益も十分。新日...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長が「Forbidden Door II」開催の可能性に言及。「前回の大成功は続編の存在を意味する」
2022年5月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は非常に評判の良いイベントでした。 多くの名勝負が行われ、柴田勝頼の登場というサプライズも日本のファンを沸かせたものです。第二弾の開催が...

Jon Moxley puts the hurt on Kenny Omega Backstage at AEW Dynamite

Wrestling Inc

あわせて読みたい

ケニー・オメガ&ヤング・バックスとAEWの契約ステータスはどうなっている?大きく動くのはバックスの契約切れ時か
AEWは4人のレスラーが中心になって設立された団体です。 コーディ・ローデス、ヤング・バックス、そしてケニー・オメガ。彼らは新日本プロレスやROHでプロレス界に革命を起こそうとし、ついにプロレス団体を設立するまでに至りました。...
ベルベティーン・ドリームが暴行容疑で逮捕された際の映像が公開される。警察官に「こんなの狂ってる!俺はWWEで働いてるんだ!」
元WWEの人気若手選手、ベルベティーン・ドリーム。 2021年にWWEから解雇された彼は、2022年8月に2度逮捕されました。 うち1回は薬物関連機器の所持容疑、もう1回はジム従業員への暴行&脅迫疑惑でした。彼は男性と揉...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました