スポンサーリンク

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイの契約はいつまで続くのか?

ニュース

新日本プロレスに欠かせないトップスターの1人として活躍中のウィル・オスプレイ。

ジェイ・ホワイトと共にトップ外国人レスラーの座を不動のものとし、ユニットのリーダーとしても活躍。紛れもないスターレスラーですが、それは他団体が獲得に興味を持つ、ということも意味します。どの団体にもスターは必要です。

Fightfulによる最新のインタビューの中で、オスプレイは新日本との契約が2024年初頭まで残っていることを明かしました。少なくとも、あと1年弱は新日本のロースターとして活動することになります。

また、新日本からは非常に高額な給料をもらっており、心は新日本と共にあることも明かしています。新日本に満足しているのであれば、契約満了を迎える時に残留を決断する可能性は高くなるでしょう。

また、2022年に何度か参戦したAEWについても言及。とても歓迎されており、アットホームな雰囲気を感じたそうです。

彼のキャリアにはいくつかの選択肢があります。あと何年、日本のリングを主戦場にしてくれるのでしょうか…。

Will Ospreay & United Empire's Trip Through the Forbidden Door Hits a Snag | AEW Rampage, 6/10/22

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが不遇への不満と再浮上への思いを語る。「みんなとケツを蹴り合いたい」
2020年にAEWへ入団したランス・アーチャー。 マネージャーのジェイク・ロバーツと一緒に一定の出場機会を得ていた時期もありましたが、最近は出番が減り、古巣の新日本プロレスへ参戦した際にAEWからのブッキングに対する不満をぶち...
【WWE】ビンス・マクマホンは「レスラーを契約途中で解雇しないオプション」の導入に1人だけ猛反対していた
WWEでは、選手が契約途中で解雇されることが珍しくありませんでした。 特に、ビンス・マクマホンが最高責任者を務めていた2022年7月までは定期的に選手を契約途中でリリースしていました。しかし、ビンスが引退し、HHHが現場の責任...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました