スポンサーリンク

【WWE】AJスタイルズがザ・ロックとの対戦を希望。「ベビーフェイスの彼と戦いたい。誰よりもブーイングを浴びたいね」

インタビュー

2024年にザ・ロックがWWEへ戻ってきたことは、あらゆる可能性を開きました。

ローマン・レインズと共にコーディ・ローデスやセス・ロリンズと抗争を繰り広げ、レッスルマニア40に向けて素晴らしい盛り上がりを作り上げたロック様。彼はWWEの親会社TKOの取締役に就任し、今後もWWEと近い位置でビジネスを続けることになります。

現在52歳の彼は非常に多忙で、WWEでの活動に費やせる時間はわずかです。しかし、多くのWWEスーパースターたちは、「自分もロック様と仕事ができるかも」と考え、その理想的なプランを頭の中で練り上げています。

AJスタイルズは、最新のインタビューで「ロック様と対戦することに興味はあるか?」と質問され、次のように語りました。

もちろん、興味はあるよ。でも、それはロックがベビーフェイスに転向することを意味する場合に限る。俺は平凡なヒールになることには興味がないんだ。俺は、これをまったく新しいレベルに引き上げたい。

俺は、自分のことを「今となっては数少ない、オールドスクールな選手」の一人だと思っているんだ。振り返ってみると、プロレスラーとして家のローンを払えたことに本当に感謝しているよ。俺がキャリアの中でやりたいと思っていたことの一つだし、自分が楽しめる仕事をして家族を養えること、そして引退後の生活のためにも何かを残せてありがたい。面倒を見なければならない人たち全員の面倒を見るのに十分な期間、俺はこの仕事を続けてきた。

ヒールになるということは、どれだけ悪く、醜く、意地悪になるかということです。俺はそういう男になるつもりです。アリーナに入ったら、ドミニク・ミステリオ以上にブーイングを浴びたいね。それが俺の目標、俺の仕事だ。誰よりも上手くやりたいよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが「自分のキャリアをどのように記憶してもらいたいか」を語る。「どう分類すればいいのやら…と思われたい」
インディシーンでの日々からWWEでの活躍、そしてAEWや新日本プロレスでの激闘など、素晴らしいキャリアを歩んできたジョン・モクスリー。 彼は多くの偉業を成し遂げ、タイトルも数多く獲...
ロブ・ヴァン・ダムが「大嫌いな長距離移動と日本遠征」を語る。「悪天候で地震があって…飛行機の機長が『落ち着いて!』と言ってたり…」
プロレスラーにとって、長距離移動は重要な仕事の一つです。 大手団体で活躍するレスラーたちは毎日のように長距離移動を経験し、各地のファンの前でパフォーマンスを披露しています。WWEは...
タイトルとURLをコピーしました