スポンサーリンク

WWEが団体売却に向けてスタッフの削減に取り組んでいると報じられる

ニュース

WWEに復帰したビンス・マクマホンは、団体売却の可能性を検討するために戻ってきました。

今後のWWEでは、これまでになかった動きが多数見られる可能性があります。不安定な団体運営が続いていきそうですが、団体売却のために必要な準備なので、もはや仕方ありません。

今週、 コミュニケーション部門担当バイスプレジデントのアダム・ホプキンスとステファニー・フィオンデラが退団していたことが明らかになりました。Fightfulによれば、WWEはオフィスの人員整理に取り組んでいるところで、今後も退団者の情報が報じられる可能性は高そうです。

身軽な状態に整理する必要があるとはいえ、職を失うスタッフは大変ですね…。

WWE Headquarters has a fresh look with the arrival of the new WWE logo: August 18, 2014

(Fightful, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】ロード・ドッグがアスカを絶賛。「ローマン・レインズのように扱われるべき」
WWEでも圧倒的な個性を発揮し、人気選手として活躍しているアスカ。 彼女のパフォーマンスは圧巻の一言で、試合をやってもプロモをやってもファンを大いに盛り上げることができます。 ライブイベント担当バイスプレジデントのロード...
【WWE】ダックス・ハーウッドがRAWとSmackDownの違いを語る。「ビンス・マクマホンが作っていたのは同じ」
WWEには2つのメインブランドがあります。NBC系列のUSA Networkで放送される老舗番組のRAW、そしてFOXで放送されるSmackDownです。 2つのブランドにはそれぞれ特徴があるとみなされており、SmackDow...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました