スポンサーリンク

【WWE】ダックス・ハーウッド(スコット・ドーソン)がWWE時代の年俸を明かす。「みんなが思うほど儲かっちゃいない」

インタビュー

WWEのビッグスターは大金を稼ぐことができます。多くのプロレスラーにとって、WWEでメイクマネーするのは最終目標と言ってもいいでしょう。

AEWでも大金を稼ぐことはできるでしょうが、WWEスーパースターの知名度は非常に高く、グッズ収益はバカにできません。

しかし、メインロースターとしてRAWやSmackDownに出場し、ハウスショーにたくさん出るだけでは儲からないのも事実。

AEWのダックス・ハーウッドは、自身のPodcast番組の中で、スコット・ドーソンとしてWWEのメインロースターとして活動していた時の年俸を明かしました。

2019年を振り返ると、年間の試合数は俺が1位でバロン・コービンとダッシュ・ワイルダー(キャッシュ・ウィーラー)が2位だったんだ。つまり、俺たちは週に4〜5日はツアーで試合をしてたわけだけど、だからといって100万ドルの契約を得ていたかというと、実際にはそんなに儲からない。まあ、俺の場合はね。

キャッシュがいくら貰っていたかは知らないけど、俺のメインロースターとしての年俸は、3年間で125,000ドル(現在のレートで約1600万円)、150,000ドル、(約1950万円)、175,000ドル(約2270万ドル)に上がっていっただけだった。経費はまったく出ない。

もちろん、125,000ドルを上回る収入を得られる可能性はあるよ。グッズ収入やPPV出演ボーナス、ハウスショーへの出演料とかね。ただ、契約としてはこの金額だった。

大金だよな。今の俺から見ても大金だけど、考えなきゃいけないのは、俺は週に5日ツアーに出て、1日3食を外で食べなきゃならないんだ。お菓子や飲み物なんかもあるしな。俺がツアーに出ている間、妻は家で料理をしなきゃならない。妻と娘の食費がかかるし、レンタカー代も必要だし、ホテルの宿泊料もいる。みんなが思うほど、俺は儲かっていなかったよ。

WWEは選手の移動費や宿泊料の面倒を見ません。これが選手たちの負担になってしまうので、生活は大変なのです。

AEWはこの辺りの面倒も見るそうなので、自由に使えるお金は多そう。この違いをどう見るかですね…。WWEの方が夢はあります。活躍すれば知名度は爆上がりです。

【AEW】MJFの新契約。年俸は100万ドル以上?
プロレス界はスターになればなるほど金を稼ぐことができる世界です。 年俸が100万ドルを超えることもあり、さらにグッズ収入で大金を得ることもできます。WWEでは、サウジアラビア大会に参加することで特別ボーナスも支払われます。 ...
【WWE】女子のトップレスラーはどれくらいの年俸で契約しているのか?
WWEのトップレスラーは高額の報酬を得ています。2020年1月に公開されたイギリスのタブロイド紙デイリー・エクスプレスの記事によれば、ブロック・レスナーは1200万ドル、ジョン・シナは850万ドル、ローマン・レインズは500万ドル、ランディ...
【WWE】The Revivalが年俸70万ドル以上の残留オファーを断ったと報じられる。「すぐにでも退団する準備ができている」?
2019年にリリースを要求したと報じられたThe Revival(スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー)。この願いはWWE側に拒否されましたが、今年も不穏な気配を見せています。 1月31日、レスリング・オブザーバーのブライ...

The Revival vs. local competitors: Raw, Jan. 15, 2018

eWrestlingNews

あわせて読みたい

【WWE】元新日本プロレスのカール・フレドリックスがNXTのライブイベントに登場
元新日本プロレスのLA道場生で、2022年に新日本を退団したカール・フレドリックス。 先日、彼がWWEと契約し、NXTでの活動を開始すると報じられました。入団から初めての出番までにかかる時間は人それぞれですが、彼はすぐに活動を...
【WWE】コフィ・キングストンのWWE王座陥落について、仲間たちはどう考えていたのか?
2019年のコフィ・キングストンは時の人でした。 年初から大プッシュの気配が漂い、レッスルマニア35でダニエル・ブライアンからWWE王座を獲得。その後も防衛を続けましたが、10月のSmackDownでブロック・レスナーに瞬殺さ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました