スポンサーリンク

WWEを買収するには90億ドル必要と報じられる。現在のレートで約1兆2000億円

ニュース

ビンス・マクマホンの復帰により、団体売却へ大きく舵を切ったWWE。

売却が実現した場合に、団体の方向性にどのような影響が及ぶのかは不明です。ハッキリしているのは、ビンスや妻リンダ、娘ステファニーらのマクマホン・ファミリーが大金を手にする、ということ。レスリング・オブザーバーの報道によれば、ビンスは約26億ドル(約3500億円)を懐に入れることができるそうです。ただし、ビンスの存在が売却交渉の妨げになっているという話もありますが…。

【WWE】団体売却の仕事に専念するビンス・マクマホン。しかし、彼の関与が売却の妨げになっていると報じられる
2022年7月に引退したビンス・マクマホン。 大株主としてWWEとの関わりを保っていた彼は、団体売却に向けてオフィスへ復帰しました。最近の彼は団体売却に関連した仕事しかしておらず、...

WWEを買収するには大金が必要になります。その具体的な金額はどの程度なのでしょうか?Bloombergのルーカス・ショーのレポートによれば、ビンスは買収候補に対して約90億ドル(約1兆2000億円)を求めているとのこと。WWEの現在の評価額は66億5000万ドルなので、割高な金額での売却成立を希望しているそうです。

また、報道によれば、WWEは既にいくつかの買収オファーを受けているとのこと。具体的な企業名・団体名は明かされず、オファーの金額も不明ですが、ニック・カーンCEOがほのめかしていた「早期の売却実現」に向けた動きが団体内にあるようです。

【WWE】団体売却は早期に実現する?ニック・カーンCEO「3ヶ月以内に取引があるかも」
ビンス・マクマホンが復帰したことにより、 WWEは団体売却に向けて大きく動き出しました。 マクマホン・ファミリーによる家族運営だった WWEが身売りすることによってどのような影響が...

ショーが「WWE買収に強い興味を示すだろう」と考えているのは、UFCの親会社エンデバーとサウジアラビア政府系投資ファンドPIF。エンデバーが買収に乗り出す場合は共同出資者を募る必要がありますが、莫大な資金力を誇るPIFは単独で買収が可能でしょう。先日は任天堂の株を大幅に買い占めましたPIFですが、余裕はまだまだあります。

また、AEWを運営する大富豪カーン一族もWWEの買収に興味を示しています。一族の純資産は推定123億ドル。エンデバーと同様に共同出資者を募る必要はありますが、ライバル団体のオーナーがWWEを買収するかもしれない、という事自体がとてもスリリングです。

Bloomberg

あわせて読みたい

【AEW】WWEがケニー・オメガの獲得に興味を示していると報じられる。契約切れのタイミングは…
新日本プロレスでプロレス界に革命を起こし、AEWでは副社長兼トップレスラーとして団体を牽引しているケニー・オメガ。 2000年代中盤、彼はWWEの育成システムの中で腕を磨いていた時...
【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトが今後の活動について語る。「AEW、 WWE…可能性はたくさんある」
新日本プロレス・サンノゼ大会でエディ・キングストンとのシングルマッチに挑むジェイ・ホワイト。 ヒクレオとの敗者日本追放マッチに敗れた彼は日本国外での活動を強いられることになりますが...
タイトルとURLをコピーしました