スポンサーリンク

【AEW】チケットの売れ行きが不調なDouble or Nothing。原因は開催地ラスベガスのインフレとForbidden Door?

ニュース

AEWにとって、PPV「Double or Nothing」は特別なショーです。

2019年5月、AEWはラスベガスのMGM Grand Garden Arenaで旗揚げ興行「Double or Nothing」を開催。コーディ・ローデスとダスティン・ローデスの兄弟対決は想像を遥かに超える名勝負となり、団体の幕開けに相応しいドラマチックな試合となりました。その後、AEWはDouble or Nothingを春に開催するPPVの名称として使い続けています。

現地5月28日に開催される今年のDouble or Nothingでは、若手4本柱(MJF、サミー・ゲバラ、ダービー・アリン、ジャングル・ボーイ)によるAEW世界王座戦が行われるほか、The Elite(ケニー・オメガ、ヤング・バックス、ハングマン・ペイジ)とBlackpool Combat Club(ジョン・モクスリー、ブライアン・ダニエルソン、クラウディオ・カスタニョーリ、ウィーラー・ユウタ)によるAnarchy In The Arenaマッチなど、魅力的なカードが用意されています。

しかし、チケットの売れ行きはよくありません。これまで、Double or Nothingは2019年と2022年大会でチケットが完売しました。2023年大会もチケットの売れ行きに期待がかかっていましたが、レスリング・オブザーバーによれば、現時点で約9,800席の座席に対してチケットは約7,300枚程度しか売れていません。

その理由として指摘されているのは2つのネガティブなポイント。まず第一に、開催地ラスベガスのインフレぶりがファンのチケット購入意欲を削いでいるようです。ホテルや飛行機のチケットなど、あらゆる価格が高くなっているため、ファンは消極的になっているのかもしれません。

そして、2つ目のポイントとして、AEWと新日本プロレスが6月に開催する合同興行Forbidden DoorがDouble or Nothingよりも大きなショーだとみなされていることも、Double or Nothingを魅力的に感じられない要因になっているようです。Forbidden Doorではプロレスファンが夢見るドリームカードがいくつも実現することが期待されています。

8月に開催されるイギリス大会All Inはチケットが7万枚近く売れていますが、アメリカで大会場の客席を埋めるにはいろんなことを熟考していかなければならないようです。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが久々の来日&DOMINION参戦を語る。「新日本のアメリカ大会とは別物。俺には日本での試合が必要」
2019年から新日本プロレスへ定期参戦しているジョン・モクスリーがついに日本のリングへ帰ってきます。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きる2020年2月までは日本の大会に...
【WWE】チャボ・ゲレロが「エディ・ゲレロとブロック・レスナーが試合後に一触即発になった時」を振り返る。「ブラックタイガーモードだ」
2004年に行われたWWE・No Way OutでWWE王座を賭けて行われたエディ・ゲレロとブロック・レスナーのシングルマッチ。 ファンからの評判も非常に高いこの試合に勝利し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました