スポンサーリンク

【AEW】リッキー・スタークス「CMパンクはプロレス界最後の『真のスーパースター』だ」

インタビュー

インディシーンでの活躍後に入団したWWEでカルトスタートして大活躍し、いろいろあって退団し、UFCに挑戦し、AEWで復帰し、The Eliteと大喧嘩して姿を消し…。CMパンクのキャリアは簡単には説明できないものです。

彼の言動は多くのファンを魅了し、他のレスラーたちとは異なるファンとの関係性を築いてきました。ファンもアンチも桁違いに多い彼は団体運営にも大きな影響を与えており、2023年6月に放送が始まったCollisionは彼がいなければ始まったかどうか分かりません。

彼のユニークな存在感について、多くのレスラーやプロレス関係者、そしてファンが彼らなりの言葉で解釈しています。パンクと因縁のあるリッキー・スタークスは、こんな言葉で彼を表現しました。

パンクは将来の殿堂入りレスラーだ。プロレス界最後の「真のスーパースター」だよね。パーソナルな問題はともかく、その点で彼のキャリアは輝かしいものだ。

なかなかおもしろい表現ですよね。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がMJF & アダム・コールの大人気にコメント。「誰よりもグッズを売った。大成功だ」
MJFの持つAEW世界王座にアダム・コールが挑戦するというストーリーの過程で友情を育むことになった2人。タッグチーム「Better Than You Bay-Bay」としての2人は...
【AEW】ウォードローがメンタルヘルスの苦悩を明かす。「テレビ番組から遠ざかって2ヶ月…とても落ち込んでいる」
AEWでテレビ番組に出続けるのは大変です。ずっとチャンスが与えられ続けるのは一部のスターのみ。たいていのレスラーは、ストーリーが終わるとしばらく欠場したり、目立った出番が与えられな...
タイトルとURLをコピーしました