スポンサーリンク

NXTがUSA Networkで放送されることが正式発表される。放送開始はAEWより2週間先行

WWEは、現在WWE Networkで録画放送されているNXTをRAWの放送局であるUSA Networkで放送することを正式発表しました。放送開始は9月18日(水)。午後8時から2時間の生放送となります。

10月2日(水)からケーブルテレビ局TNTで放送が開始されるAEWのウィークリー番組。これに対抗するプラントして以前から報じられていたのがNXTのケーブルテレビ移行でした。放送局の候補として挙がっていたのは10月からSmackDownを放送するFOX系列のFox Sports1でしたが、先週末からUSA Networkが最有力候補とされるようになり、今回の正式発表となりました。

曜日や時間帯などは以前から報じられていたとおり、AEWの番組の同時間帯になりました。会場は現在のフルセイル大学から変更される可能性もあるとされていましたが、これは変わらないようです。ビンス・マクマホンはAEWよりも先に放送を開始したいと考えており、その考えがAEWよりも2週間早い9月18日の放送開始に現れていると思われます。

現在WWE NetworkでNXTを楽しんでいるファンにとって、今後もNetworkで視聴できるのかどうかという点は気になるところでしょう。Rajah.comによれば、変わらずNetworkでも配信されるものの、放送から24時間後、つまり木曜日の午後8時にディレイ配信されるようです。

生放送開始に伴い、9月11・12日に予定されていたNXTの収録が中止になりました。

プレスリリースで、ビンスは次のようにコメントしています。

USA Networkへの移行は、NBCユニバーサルとの関係を深め、NXTブランドをさらに高めていく機会となります。長期的な目標は、当社のフラッグシップ・プログラムであるRawやSmackDownと同レベルの収益化が可能なサービスを開発することです。

これまではHHHがNXTを指揮してきましたが、USA Networkで放送されることにより、ビンスの影響下に置かれることになるだろうとレスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは指摘しています。また、AEWのクリス・ジェリコは、生放送番組が増えすぎることによってWWEの番組の価値が下がってしまうのではないかと指摘しています。

(参考: PWInsider, Rajah.com)

あわせて読みたい

ビッグ・キャス(CaZXL)が語る「ジョン・モクスリー」と「WWEとインディプロレスの違い」
8月15日にNortheast Wrestlingでジョン・モクスリーとシングルマッチを行ったビッグ・キャス。現在はCaZXL(Caz XL)というリングネームで活動している問題児が、ジョン・モクスリーやインディプロレスについて語りました。...
WWEが8月末のハウスショーを軒並み開催中止にした理由 / ストリート・プロフィッツの今後はどうなる?
ニュースをまとめて紹介。(ストリート・プロフィッツの件は一応ネタバレ注意) WWEが8月末のハウスショーを軒並み開催中止にした理由 WWEは8月末に開催予定だったRAWのハウスショー(5大会)を開催中止にしました。この件について...
AEWの年間興行数と「レスラーを守るための取り組み」。他団体との試合数の差が明確になる?
10月からウィークリー番組の放送が始まるAEW。番組の情報については、下の記事で紹介しています。 Rajah.comは、テレビ放送される興行以外の部分について報じています。 年間興行数は100〜120程度にな...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談 | ザ・グレート・カブキ, タイガー戸口 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでザ・グレート・カブキ, タイガー戸口の毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談。アマゾンならポイント還元本が多数。ザ・グレート・カブキ, タイガー戸口作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazon.co.jp | 【Amazon.co.jp限定】柴田勝頼デビュー20周年(複製サイン入りブロマイド(ジャケット写真デザイン)付) [DVD] DVD・ブルーレイ - 柴田勝頼
Amazon.co.jp | 【Amazon.co.jp限定】柴田勝頼デビュー20周年(複製サイン入りブロマイド(ジャケット写真デザイン)付) DVD・ブルーレイ - 柴田勝頼
プロレス鎮魂曲(レクイエム) (リングに生き、散っていった23人のレスラー、その死の真実)
プロレス鎮魂曲(レクイエム) (リングに生き、散っていった23人のレスラー、その死の真実)
タイトルとURLをコピーしました