スポンサーリンク

マーク・ヘンリーがWWEとAEWの争いを語る。「団体の間に戦争はない。セグメントと、個々のレスラーに戦争がある」

インタビュー

2019年にAEWが設立されてから、WWEとAEWの争いが注目を集めています。

WWEの方がロースターの層も団体の規模も収益もAEWを圧倒していますが、AEWはインディ色の強い番組制作で良質なショーを制作しています。ゴシップの話題も多いですが…。

2019年から2021年まで裏番組として放送されていたWWE・NXTとAEW・Dynamiteの視聴率戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」をはじめ、両団体の関係や争いはプロレス界全体を良くするポジティブなもの、と受け止められています。その一方で、両団体の関係者(特にAEW側)やファンたちが競合相手を挑発する「部族主義」的な対立もあり、一部で問題視されています。

【AEW】2022年にWWEが不正に接触したAEWレスラーは誰だったのか?トニー・カーン社長がWWEへ個人的な感情を持つようになったきっかけとは
2022年夏、WWEはAEW所属レスラーに対してタンパリング(競合相手の選手に連絡を取り、チームとの関係を妨害したり、別チームとの契約を促すこと)を仕掛けました。 一般的なスポーツ...
MJFがWWE & AEWファンの対立を批判。「俺はコーディ・ローデスとLAナイトを楽しんでる。口論をやめてAEWとWWEで楽しめ」
2019年にAEWが設立されてから、WWEとAEWのファンがネット上で対立する光景は珍しくありません。一時はレスラーたち(AEW側が目立った)も積極的に対立を煽っていましたが、こう...

WWE殿堂入りレスラーで、AEWではコーチを務めるマーク・ヘンリーは、出演したPodcast番組の中で両団体の争いについて語り、「戦争ではない」という持論を展開しました。

戦争なんてない。戦争ってどういう意味だと思ってるんだ?要するに、それは各セグメントの視聴率争いのことだよ。

誰かがテレビ番組に出ている時、視聴者はチャンネルを変えるだろうか?俺の話だけど、Sexual Chocolateの俺を見ていた視聴者はチャンネルを変えなかった。「世界最強の男」がHall of Painをやっていた時もそうだった。ブッカーTがキング・ブッカーだった時もそうだね。だから、戦争というのは、セグメントと個々のレスラーにあるんだ。

でも、もし俺がWWEなら、AEWの番組の裏で自分たちの番組を放送しようとはしないだろうな。すべての注目を集めたいから。もし俺がAEWなら、WWEの番組が放送されている曜日に自分たちの番組はやらない。

(現地10月10日に)DynamiteがNXTと同じ火曜日に放送されたのは、仕方なくそうせざるを得なかったからだ。WWEのシリアルにおしっこを引っ掛けるようなものじゃなかったよ。

Dynamiteの放送曜日から水曜日から火曜日に移動したのは、Dynamiteを放送するTBSがMLBのプレーオフを放送したからでした。

WWE・NXT最新回の視聴率がDynamiteを大幅に上回る。スターパワーで粉砕
現地10月10日、WWE・NXTとAEW・Dynamiteが久々に裏番組として放送されました。 2019年から2021年にかけて、両番組は水曜夜の裏番組として激しいテレビ戦争「ウェ...

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

TNA復活!インパクト・レスリングが団体名を元に戻すことを発表
2017年、TNAは団体名を「インパクト・レスリング」に変更し、2002年から続いていた1つの歴史に区切りをつけました。 近年のインパクトは好調で、ジョシュ・アレキサンダーやマイク...
【AEW】マーク・ヘンリーがMJFを絶賛。「番組制作を手伝ったり、20代であの理解力はすごい」
AEW世界王座チャンピオンとして大活躍中のMJF。 超一流のプロモやストーリーテリングはもちろん、どんな相手にも適応できるリング上でのスキルも存分に活かし、27歳とは思えないほどの...
タイトルとURLをコピーしました