スポンサーリンク

【WWE】マンディ・ローズが現役復帰の可能性を語る。「8年間の活動は祝福だったけど…」

インタビュー

2022年にWWEから解雇されたマンディ・ローズ。

彼女が解雇されるまでの経緯は複雑で、直接的な原因は彼女がサイドビジネスとして運営していた有料SNSサイトでのきわどい画像・動画の投稿がWWE内部で問題視されたことだとされています。しかし、誰が彼女の解雇を決断したのか…という点については複数の情報があり、どれが本当なのかはわかりません。

【 WWE】ショーン・マイケルズ「俺はマンディ・ローズの解雇に関与していない。俺は解雇はしなかった」
サブスクサイトで配信していた「きわどい」写真や動画の存在が問題となり、NXT女子王座を剥奪された翌日に WWEから解雇されたマンディ・ローズ。 彼女のコンテンツを最初に問題視したの...
【WWE】マンディ・ローズがロクサーヌ・ペレスへの思いを語る。「申し訳なかった。彼女のタイトル獲得があまりにも急な出来事に…」
2022年12月、 WWEはマンディ、ローズが保持していたNXT女子王座を剥奪し、彼女を解雇しました。 彼女がサブスクサイトで配信していた「きわどい」動画や画像が団体内で問題視され...

長期保持していたNXT女子王座をNXT通常回で失い、即解雇。彼女はまったく望まない形でWWEでの活動を終了し、その後プロレスラーとしての活動はしていません。

最近、彼女はInstagramでファンからの「現役復帰の可能性は?」という質問に対して、次のように答えています。

いつリングに戻るかは分からないし、本当にリングに戻るかどうかも確信がないよ。リングに戻らないかもしれないとも言い切れないかな。実際、考えは空中に浮かんでいる状態なんだ。

これが最善の答えではないことは分かっているけど、今はこれ以上言えることはない。私は私の人生、自由、時間を楽しんでいるんだ。プロレスラーとしての活動は負担が大きいし、またプロレスラーとしてやっていきたいのであれば、全力でコミットしなきゃいけない。だから、どうだろうね。

約8年間の活動は、私にとって祝福だったよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】「AEWブライアン・ダニエルソンは来日してオカダ・カズチカに直接挑戦を伝える予定だった」と報じられる
11月4日に開催されたPower Struggleでオカダ・カズチカにビデオメッセージを送り、2024年1月4日のレッスルキングダム18でのオカダと対戦することが決まったAEWのブ...
元STARDOMマライア・メイがAEWに入団。Dynamite最新回にも登場
2023年9月にSTARDOMでの活動を終了したマライア・メイ。 1年に満たない活動期間でファンを魅了した彼女は、WWEやAEWが獲得に興味を持っているとされており、去就に注目が集...
タイトルとURLをコピーしました