スポンサーリンク

【AEW】ジム・ロスがクリスチャンのユニークなキャリアを語る。「成果を上げられず、エッジのパートナーに過ぎなかった男が…」

インタビュー

プロレス界には、多くのファンや関係者が「過小評価されている」と感じるような優れたレスラーが何人もいます。

彼らの中には、そうした状況を乗り越えて真の評価を得ることができる人もいれば、そうではない人もいます。WWEで実力者として活躍し、現在はAEWでヒールとして強い存在感を示しているクリスチャンは成功例の1つでしょう。

WWE時代の彼はなかなかトップスターとしての扱いを受けられませんでしたが、AEWでは極悪ヒールとして優れたプロモを連発。プロレス脳の高さを活かした試合も見事です。

WWEで名物アナウンサーとして活躍し、現在はAEWに所属するジム・ロスは、クリスチャンのキャリアを「ユニーク」だと考えています。自身のPodcast番組の中で、彼はその理由を語りました。

彼のキャリアは非常にユニークで、道のりは決して平坦ではなかった。もともと、成果を上げられないレスラーだったね。つまり、「ああ、エッジのパートナーでしょ」という感じだよ。自分自身のアイデンティティを築くのに苦労していた。

WWEから離れ、TNAに行ったことが彼にとって何よりも役に立ったと思う。テレビ番組のメインイベントの枠で働く機会を得て、どのように対応するかを試すことができ、彼はうまく対応したんだ。

2005年から2008年までTNAに在籍した彼は、NWA世界ヘビー級王座を2度獲得するなどの活躍を見せました。環境を変えることで得た経験が今につながっている…とロスは考えているようです。

50歳という年齢を感じさせないパフォーマンスを続けるクリスチャン。ロスは「プロレスラーには全盛期がある」という考えに否定的ですが、クリスチャンは間違いなくその例外だと考えていることも明かしました。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコ「誰もがビンス・マクマホンの元で6ヶ月働くべき。プロレスとこのビジネスを理解できる」
WWEの最高責任者だったビンス・マクマホンと親密な関係を築いているAEWの重鎮クリス・ジェリコ。 ジェリコはビンスのことを非常にリスペクトしており、2019年にAEWと契約した後も...
【AEW】クリス・ジェリコがCMパンクのWWE復帰を語る。「驚きはない。HHHはビンス・マクマホンから学んだのさ」
2014年にWWEを退団したCMパンクが2023年に復帰する…Never Say Neverが現実のものになりました。 パンクはWWE時代に人間関係のトラブルを抱えており、WWE内...
タイトルとURLをコピーしました