スポンサーリンク

元AEWエース・スティールが『弟子CMパンクと起こしたThe Eliteとの大喧嘩』や『パンクのWWE復帰』を語る。「世界一の生徒を誇りに思う」

インタビュー

2021年夏から2023年9月までのAEWでの活動において、CMパンクの側にはプロデューサーのエース・スティールがいました。

かつてパンクやコルト・カバナを指導したスティールは、パンクにとって師匠的な存在。私生活でも親しく、スティールはパンクに関するクリエイティブを担当していました。

しかし、2人は2022年秋のPPV「ALL OUT」のバックステージでThe Elite(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)と大喧嘩を起こし、AEWでの立場が危うくなりました。ケニーの腕に噛み付いたとされるスティールは解雇。パンクを含むその他の関係者には出場停止処分が課されました。

その後、2023年6月にCollisionの中心人物としてAEWへ復帰した彼は、そこへ至る過程の中でスティールをAEWに復職させることに成功。しかし、8月のイギリス大会All Inのバックステージでジャック・ペリーと喧嘩したことにより、9月に解雇されました。

スティールもその後を追うように解雇されましたが、パンクは11月のWWE・Survivor SeriesでWWEへ復帰。今は幸せそうです。

パンクに関する問題の当事者でもあったスティールは、最新のインタビューの中でALL OUTでの大喧嘩やパンクのWWE復帰について、次のように語りました。

まあ、俺は多くの素晴らしい人々と一緒に働いたよ。中には素晴らしい人もいれば、そうでない人もいたな。

この業界にはまだファミリーが存在している。俺たちの誰も言えないこともあるんだ。俺の妻が唯一その話をできる人かもしれないね。彼女は喧嘩が起きた現場にいたから。(ALL OUTでの大喧嘩について)ファミリーとは遊ばないことだな。

俺が世界中で指導してきた中でもナンバーワンの生徒がプロレス界に戻ってきて、彼が一体誰なのかを世界に見せることを、俺はとても誇りに思ってる。

みんなが彼を嫌う理由や何であれ、彼はでたらめではないし、彼はたわごとを受け入れないし、軽く見てもいないよ。そして、たわごとにうんざりしたら、爆発するか、自分で事を処理して自分を守るかのどちらかを選ぶのが人間だ。

(大喧嘩が起きた後でさまざまな噂が報じられたことについて)それが起こった時、誰も俺のメンタルヘルスを気にしてくれなかった。

俺は、以前AT&Tでマネージャーとして働いていた。10年間、俺はファイバースプライサーのハイエンドマネージャーだったんだ。でも、俺がなぜその職を辞めたのかは誰も知らないだろ? それはどこにも報じられていない。[…]そういうことが、なぜそんなに重要なんだ?

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】セス・ロリンズがAEWに皮肉。「CMパンクがAEWでやらかしたようなことは起きない。ここはプロの集まりだ」
2023年9月にAEWから解雇されたCMパンク。その直接的な要因になったのは、2023年8月にAEWが開催したイギリス大会All Inのバックステージでジャック・ペリーと喧嘩したこ...
【WWE】CMパンクがAEWから解雇された時、彼はどのようにリアクションしたのか?
2023年8月に開催されたAEWのイギリス大会All In。バックステージでジャック・ペリーと喧嘩したCMパンクは、翌月に解雇されました。 2021年夏のAEW入団以降、彼はバック...
タイトルとURLをコピーしました