スポンサーリンク

マット・リドル「CMパンクのWWEは驚かなかった。WWEは金が好きだ」

インタビュー

一人のトラブルメーカーが去り、また別のトラブルメーカーがロースターに加わったWWE。

2023年9月にWWEから解雇されたマット・リドル。競業回避義務期間が終了し、アメリカでの拠点をMLWに決めた彼は、日本のプロレス界への参戦やケニー・オメガとの試合など、複数の野望を胸に抱いています。

彼はプロレス界屈指のトラブルメーカーとして知られ、WWEから解雇される直前に空港で警察官とトラブルを起こしていました。WWEは彼について大きな計画を検討していたようですが、その状況でも「解雇したい」と思わせる何かがあったのでしょう。

彼がWWEを去った後、CMパンクがWWEへ復帰しました。彼もまたトラブルメーカーで、AEWではバックステージで複数の揉め事を起こし、解雇されています。

トラブルメーカーは、トラブルメーカーについてどう思っているのでしょうか。リドルは、最新のインタビューでパンクのWWE復帰について次のように語りました。

驚かないよ。だって、WWEは金が好きで、CMパンクは金だから。UFCでも大金を稼いだ男だからね。

金になる人に異論を唱えるのは難しいよ。それはUFCでも同じだ。俺が戦えばチケットは売れる。問題は、彼らがそれを望むかどうかだ。

MMA界復帰も視野に入れているリドル。精力的な活動に期待です。

【WWE】ロード・ドッグがCMパンクとの「和解」を報告。「無言で握手して、ハグしてさ…」
WWEのライブイベント部門担当副社長を務めるロード・ドッグ。 自身のPodcast番組で変わらぬ毒舌を披露している彼は、先日WWEへ復帰したCMパンクについて批判を繰り返してきまし...
WWEから2023年9月に解雇されたレスラーたちが活動再開。マット・リドルはMLW、ムスタファ・アリはGCWなどに参戦へ
2023年9月、WWEはUFCと合併し新会社TKOでの新体制を始動するにあたり、選手やスタッフたちを対象とした大規模なリストラを敢行しました。 ドルフ・ジグラーやマット・リドル、ム...

(Fightful)

あわせて読みたい

マット・カルドナ(ザック・ライダー)がWWEから復帰オファーが来ないことに少し不満。「何もしないことが再雇用の条件だったのか?」
2020年にWWEから解雇された後、インディシーンで大活躍しているマット・カルドナ(ザック・ライダー)。 世界各地のインディ団体に参戦して確かな結果を残し、複数のタイトルを獲得して...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイが「最後のインディ団体遠征」を発表。マイケル・オクとの決戦に挑む
2024年2月で新日本プロレスとの契約を満了し、AEWへ完全移籍するウィル・オスプレイ。 彼は世界中のインディ団体へ積極的に遠征し、特に地元イギリスの団体へ頻繁に参戦していました。...
タイトルとURLをコピーしました