スポンサーリンク

【WWE】レクシス・キング(ブライアン・ピルマン・ジュニア)がAEW時代を振り返る。「恨みはない。WWE移籍が俺のキャリアを180度変えた」

インタビュー

2023年にWWEへ移籍したレクシス・キング。

彼はもともとAEWのロースターで、グリフ・ギャリソン&ジュリア・ハートと共にVarsity Blondsとして活動していました。

テレビ番組で試合をする機会があった時期もありましたが、ハートがHouse of Blackへ加入した頃から扱いが悪くなり、退団することに。彼にとって、父ブライアン・ピルマンが活躍したWWEからオファーがあったこと、すぐに入団できたことは人生の転機になりました。

【AEW】ブライアン・ピルマン・ジュニアが退団したと報じられる。ジュリア・ハートのHouse of Black合流に合流に不満を持っていた
偉大なレスラー、ブライアン・ピルマンの息子がAEWから去りました。 報道によれば、AEWのロースター一覧ページからブライアン・ピルマン・ジュニアのプロフィールが消されたそうです。こ...
【AEW】ブライアン・ピルマン・ジュニア&グリフ・ギャリソンがブッキングに不満と報じられる
AEWには多数のレスラーが在籍していますが、毎週放送されるテレビ番組の放送時間は3時間だけ。 出演できる人数には限りがあり、仮に出演できたとしてもスポットライトが当てられるかどうか...

最新のインタビューで、彼はAEW時代を振り返り、次のように語りました。

AEWでの活動は素晴らしかった。金銭的にも申し分なかったし、うまくやったと思うよ。でも、将来のことがわからないし、番組で使われるかどうか、何をするかがわからないという自己疑念があった。

誰かを批判するわけじゃないけど、AEWにいた頃の俺は、多くの時間を「俺は本当に上手いのか?価値があるのか?」と自問自答して過ごしたんだ。自己疑念ばかりだったよ。

でも、WWEに来て、俺のキャリアは180度変わった。ダークマッチを撮影し、6分間のタッグマッチをして、ほとんどリングに入らない日々から、今では玉座に座り、世界最大のプロレス団体で入場している。彼らは俺に信頼を寄せてくれて、それが励みになっているよ。自分自身に自信が持てるようになった。すげえだろ、彼らは俺に「キング」という名前をくれたんだぞ。それ以上のことはない。

AEWがなければ、今の自分はいないよ。恨みもない。自己疑念が生じるような条項に身をおいたのは自分自身だし、他の誰かが押し付けてきたわけじゃない。ただ、ここで何が起きているんだ?と思ってしまうような状況に自分をおいてしまったんだ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】マット・リドルが物議を醸したセス・ロリンズとのプロモを振り返る。「お前は離婚したから家族がいない、と言ってくれと頼んだ」
WWE時代のマット・リドルは複数の仲間たちとの人間関係が悪化しており、中でもセス・ロリンズとは不仲であることを公言していました。 不仲の原因は、リドルの元パートナーがセスの妻ベッキ...
【AEW】ブッカーT「ヤング・バックスなら、引退試合に挑むスティングを誰よりも引き立てることができる」
2024年3月に開催されるAEWのPPV「Revolution」で引退試合に挑むスティング。 現時点でカードの正式発表はありませんが、彼はダービー・アリンとのタッグでヤング・バック...
タイトルとURLをコピーしました