スポンサーリンク

ブライアン・キースのAEW入団が発表される。先日DDTに参戦したばかり

ニュース

ブッカーTの指導を受けた若者が、AEWとの契約を勝ち取りました。

Collision最新回でエディ・キングストンとのシングルマッチに敗れたブライアン・キースは、試合後に実況アナウンサーのトニー・シヴァーニからAEW入団が決まったことを発表されました。

現在32歳のキースは、ブッカーTが運営するインディ団体Reality of Wrestlingでトレーニングを開始し、2013年にデビュー。ブッカーTの勧めで賞金稼ぎのギミックを始めました。

ここ数年、彼はインディシーンで評価を高め、2022年には80試合、2023年には113試合に出場。同年からAEWやROHにも参戦するようになり、2024年1月にはDDTで日本初遠征を果たしました。また、ここ最近はAEW入団が頻繁に噂されていました。

日本でもおなじみのTNAマイク・ベイリーと相性が良く、これまでに何度も名勝負を演じてきた名手。かっこいいレスラーなので、今後の活躍にきたいしたいところです。

あわせて読みたい

【WWE】ザ・ロックとローマン・レインズのレッスルマニア40対決に団体内からも批判の声。計画はなぜ強行されたのか
レッスルマニア40のカードを巡って、団体の内外から批判の声が上がっています。 Royal Rumbleでの男子ロイヤル・ランブル・マッチに勝利してレッスルマニア40でのタイトル挑戦...
TNAジョーディン・グレースがWWEへの継続参戦を希望。「TNAの助けになるのなら…」
TNAに所属しながらWWE・Royal Rumbleでの女子ロイヤル・ランブル・マッチに出場し、ファンを魅了したジョーディン・グレース。 この日WWEへ復帰した元TNAナオミ(トリ...
タイトルとURLをコピーしました