スポンサーリンク

マット・リドルが新日本プロレス& AEWのForbidden Doorへ参加する可能性を語る。「絶対にないとは言えない」

インタビュー

毎年6月に開催されているAEWと新日本プロレスの合同興業「Forbidden Door」。

今年の第3回大会にはCMLLも参加することが予想されており、より国際色の強い大会になりそうです。新日本プロレスは様々な団体と提携しているため、TNAやMLWに所属するレスラーたちが新日本代表として出場する可能性もゼロではありません。

その候補になりそうなのが、IWGP BLOBALヘビー級王座チャンピオンのニック・ネメス(元ドルフ・ジグラー。TNA)と、NJPW WORLD認定TV王座チャンピオンのマット・リドル(MLW)の2人。WWEスーパースターとして抜群の知名度を誇る2人はAEWへの移籍も噂されたことがあり、Forbidden Doorへの出場は大きな話題になるでしょう。

リドルは、最新のインタビューでForbidden Doorへ出場する可能性について、次のようにコメントしています。

いろんな人がForbidden Doorについて話してるけど、俺はWWEのバブルの中にいたから、Forbidden Doorが何かよくわからない。まあ、入ってはいけない扉…なんだよね?

でも、みんながForbidden Doorををくぐれ」って言ってくる。「なあ、俺がそういうことをすると、いつもトラブルになるんだけど」って思うけどさ。でも、Forbidden Doorなら、多分ね…。わからないけど、いいアイデアだと思う。

何でも起こり得る。でも、急いでないよ。みんな急ぎすぎだ。スタッフも充実してるし、人材の不足を補える人はたくさんいるんだろ?俺は他の人の努力を奪ったり、パレードに雨を降らせるようなことはしたくない。

タイミング次第だよ。俺が新日本へ参戦できたみたいにね。ウィル・オスプレイもオカダ・カズチカも抜けて、新日本プロレスから2人の大物がいなくなった。そこにニック・ネメスとマット・リドルが入ってきて、ある程度の穴を埋めた。

俺たちがあの2人ほどの存在になるとは言ってないけど、すでにその方向に動いてるよね。だからそんな風に考えてる。でも、Forbidden Doorへの参戦が絶対にないとは言わないよ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

元WWEイライアスが新日本プロレスへの参戦を希望。「意外と上手くいくね、と思ってもらえるはずだ」
2023年9月にWWEから解雇され、インディシーンで活躍中のイライアス。 リングネームを「イライジャ」に改めた彼は、パワフルさを前面に押し出すスタイルで再び大舞台に立つ日を目指して...
【WWE】コーディ・ローデスの存在が大口のスポンサーシップ締結に大きく寄与したと報じられる
プロレス界最大のお祭りであるレッスルマニアは、多くの企業がスポンサードします。 先日、WWEは日本でも販売されているウォッカ「ウィートリー・ウォッカ」との間に団体史上初の「スピリッ...
タイトルとURLをコピーしました