スポンサーリンク

モーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー&クリス・セイビン)がAEWと契約合意間近と報じられる

ニュース

TNAからフリーエージェントになったトップタッグチーム、モーター・シティ・マシンガンズのアレックス・シェリーとクリス・セイビン。

団体運営の体制が変わり、スコット・ダモール元社長が解任されて親会社Anthemの影響力が強くなった上に予算削減路線に入ったTNAは、彼らを引き止めることができませんでした。

TNA退団が噂されるアレックス・シェリー。「物事は変わるが、最善を尽くし、人を助けることは変わらない」
2024年3月をもってTNAとの契約を満了するアレックス・シェリー。 現地3月23日に開催された収録の後、彼とクリス・セイビンの送別会が行われたと報じられています。 予算縮小路線を...

3月に開催された番組収録を最後にTNAから離脱した彼らは、ヤング・バックスやマーク・ブリスコなど、かつてインディシーンのタッグ戦線で戦った仲間たちが複数在籍するAEWに入団する可能性が高いと見られていました。

Bodyslam.netによれば、2人とAEWの交渉が契約交渉の最終段階に入っているそうです。このまま正式契約が成立する見込みとのこと。

久々にヤング・バックスらとのレベルの高い戦いを見ることができそうですね。2022年のALL OUTにスポット参戦したことがある2人ですが、所属レスラーとなれば積極的にAEW世界タッグ王座戦線に参入することになるでしょう。

(Bodyslam.net, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・シヴァーニが「CMパンクとジャック・ペリーの喧嘩が放送された時の嘆く表情」にコメント。「映像自体はどうでもいい。ヤング・バックスはクソだということ」
先日放送されたDynamiteでは、2023年のAll InのバックステージでCMパンクとジャック・ペリーがケンカする映像が公開され、賛否両論を巻き起こしています。 ネット上ではあ...
【AEW】ディーボン・ダッドリー「トニー・カーン社長のイエスマンしかいないのがAEWの問題。大金はあっても、誰も行きたがらない場所になってしまうぞ」
ここ最近のAEWは批判的な意見を浴びることも多く、プロレス界の住人たちがそれぞれの意見を語っています。 先日のDynamiteでは、2023年のAll InのバックステージでCMパ...
タイトルとURLをコピーしました