スポンサーリンク

【AEW】トニー・シヴァーニが「CMパンクとジャック・ペリーの喧嘩が放送された時の嘆く表情」にコメント。「映像自体はどうでもいい。ヤング・バックスはクソだということ」

インタビュー

先日放送されたDynamiteでは、2023年のAll InのバックステージでCMパンクとジャック・ペリーがケンカする映像が公開され、賛否両論を巻き起こしています。

ネット上ではあらゆる反応が見られましたが、その中に「映像が流れた時、実況アナウンサーのトニー・シヴァーニは嘆き悲しむ表情を浮かべていた。あれはリアルな感情だ」と推測した上で、ウィル・オスプレイによるHHH批判のインタビュアーを務めたルネ・パケットの困惑した表情とシヴァーニの表情はこの回を象徴するものだった…と批判する意見もあります。

シヴァーニはかつてWWF(WWE)のライバル団体だったWCWで実況アナウンサーとして活躍していたことがあり、WCWがどのように崩壊していったのかを間近で見ていました。今のAEWに、かつてのWCWのようなものを感じているのでは…。そう考えるファンがいたのも頷けます。

とはいえ、実際のところ、彼はなぜあのような表情を浮かべていたのでしょうか?Podcast番組の中で、彼はその真意を説明。映像への反応ではなく、「ヤング・バックスはクソだ」という反応をファンから引き出すことが目的だったそうです。

俺のあの表情は…ヤング・バックスがクソ野郎だってことに、もっと火をつけようとしてたんだ。流れた映像に対する反応じゃないよ。だって、どうでもいいことだからな。

俺はAEWにも、トニー・カーン社長にも怒ってないし、AEWがあの映像を流したことに腹を立ててもいない。俺はあの場面のアングルにのめり込もうとしていただけなんだ。

つまり、ヤング・バックスがFTRについてグチグチ言って、握手したがらず、くだらないことで時間を無駄にしてるってことだよ…。正直な話、あの映像のことは気にしてない。俺の人生には何の影響もないからな。

「お前らが流した映像は、AEWにとってのfinger poke of doom(1999年にWCWで起きた事件。WCWの凋落を象徴するものだ、という評価が一般的)のようなものだ」って言う人もいるみたいだね。でもな、そう思うのは、君たちがそうなることを望んでるからだ。AEWに失敗してほしいということだろう。

俺はAEWとWCWの両方にいたけど、AEWをWCWと比べることは絶対にできない。そうしたいファンもいるかもしれないし、「そう考える自分は正しい」と思ってるかもしれないけど、間違ってるよ。AEWをWCWと比べることはできない。俺は両方にいたけど、君たちはそうじゃないだろ。

かなり強いメッセージですね。ここまで言いたくなるほど、最近のネット上でのAEWに対する評価や認識に憤っているのでしょう。

( Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】マット・ハーディーが「ジャック・ペリーに対する処罰」を語る。「重すぎ。罰が罪を上回っているよ」
AEWから出場停止処分を課されたまま、現在に至るまで復帰できていないジャック・ペリー。 2023年、CollisionのクリエイティブでCMパンクと衝突していた彼は、イギリス大会A...
WWE入団のタマ・トンガがバックステージで好印象を持たれていると報じられる。WWEも活躍に満足
先日のSmackDownにサプライズ登場した元新日本プロレスのタマ・トンガ。 分裂の気配があるBloodlineのストーリーに関与し、ジミー・ウーソを襲撃したタマ。Bullet C...

 

タイトルとURLをコピーしました