スポンサーリンク

元WWEジンダー・マハルが「10年前にWWEから最初に解雇された時」を振り返る。「あれは最高の出来事だった。感謝の気持を持てたよ」

インタビュー

2024年4月、WWEはジンダー・マハルを解雇しました。

元WWE王座のチャンピオンで、中邑真輔ともタイトルを巡って争った彼のキャリアは決して平坦ではありません。2009年に最初にWWEと契約した彼は、ドリュー・マッキンタイアやヒース・スレイターと共に「3MB」として活動していた時期がありました。しかし、2014年6月に解雇されてしまったのです。

その後、インディ団体やアントニオ猪木のIGFに参戦した彼は、2016年にWWEへ復帰。インド市場開拓の波に乗ってタイトルを獲得するなど結果を残しました。

最新のインタビューで、彼は2014年に解雇されたときのことを振り返り、「適当だった」という3MBでの活動から気を引き締める最高の出来事だったことや、同様に解雇を経験したマッキンタイアの才能を称賛しました。

振り返ってみると、解雇されたことは俺に起こった最高のことだったかもしれないね。あの出来事がなければ、やる気を出したり、考え方を変えたりすることはなかったと思うから。

今振り返ると、2014年に解雇されて、2016年に2度目のチャンスを得て……2度目のチャンスに感謝の気持ちを持つことができた。3MBにいた時、俺は自己満足に陥っていて、適当にやっていたんだ。ベストを尽くしていなかったなんて、絶対に間違っていたよ。特にWWEという団体では、このキャリアやWWEでの時間を当たり前だと思ってはいけない。

ドリューは世界最高のプロレスラーの一人だよ。彼は何でもできる。非常にアスレチックで、プロモーションも素晴らしい。特に今、私たちが見ている今のドリューは信じられないほどすごい…。

俺がFCWにいた時、ドリューはSmackDownで「The Chosen One」として活躍していた。そんな彼を見て、俺は「ドリューのレベルに達することができたらなあ」と思っていたものだよ。

ドリューは常にトップだった。3MBの時でさえ、時々シングルマッチをして会場を盛り上げてたな。彼はただフラストレーションを感じていて、クレイジーなパフォーマンスを見せていたんだよ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ドリュー・マッキンタイアの再契約をザ・ロックが明かす。「おめでとう」
契約ステータスが不透明なままだったドリュー・マッキンタイア。 レッスルマニア40の終了後にWWEとの契約が満了すると報じられていた彼ですが、最近まで両者の間で新契約に向けた交渉は行...
【WWE】サミ・ゼインがCMパンクとの関係を語る。「皆と同じで、俺とも奇妙なことがあった。クリーンにやり直すよ」
2023年11月にWWEへ復帰したCMパンクは、これまでの長いキャリアの間に様々な選手たちとの人間関係のこじれを経験してきました。 ケビン・オーエンズやAJスタイルズは、WWE入団...
タイトルとURLをコピーしました