スポンサーリンク

【AEW】エディ・キングストンが新日本プロレス・Resurgenceで負傷したと報じられる

ニュース

新日本プロレス・Resurgenceでゲイブ・キッドを相手にNJPW STRONG無差別級王座の防衛戦に挑んだエディ・キングストン。

2024年をROH世界王座、AEWコンチネンタル王座、そしてSTRONG無差別級王座のチャンピオンとして迎えた彼ですが、ROH世界王座はマーク・ブリスコに、AEWコンチネンタル王座はオカダ・カズチカに奪われていました。何としてもSTRONG無差別級王座を死守したいところでしたが…。

ノーロープ・ラスト・マン・スタンディングマッチというルールで行われた試合を制したのはゲイブ。新日本で初のシングルタイトル獲得を果たしました。

一方のエディは、この試合で大きな傷を負うことに。レスリング・オブザーバーによれば、彼は重症度不明の負傷を負ってしまったのだそうです。リングサイドと鉄柵の間に架けたテーブルへのブレーンバスターを受けた際、鉄柵に足を強打してしまったことが原因とのこと。

エディはAEWの5月のPPV「Double or Nothing」でアナーキー・イン・ザ・アリーナ・マッチに出場予定でしたが、この怪我が原因で出場できなくなる可能性もありそうです。FTR&ブライアン・ダニエルソンどのチームで、ゲイブ戦後に彼を襲撃しにやってきたThe Elite(ヤング・バックス、オカダ・カズチカ、ジャック・ペリー)と対戦することはできるのでしょうか?

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガがウィル・オスプレイを痛烈批判。「我慢ならない。彼よりも俺のほうがグッズを買う人が多かった。俺にはなれないよ」
2023年に強烈なライバル関係を繰り広げたケニー・オメガとウィル・オスプレイ。 新日本プロレスでトップ外国人レスラーとして活躍していたケニーは、2019年にAEWを設立する際にオス...
【WWE】ブッカーT「ゲイブル・スティーブソンはWWE史上最大の失敗だったと言える。アマレスへの想いを完全に取り除けなかったね」
誰よりも高い期待を背負ってWWEへ入団したゲイブル・スティーブソンは、表舞台で1度しか試合をすることがないまま、WWEから解雇されてしまいました。 東京オリンピックのレスリング男子...
タイトルとURLをコピーしました