スポンサーリンク

【WWE】カーメロ・ヘイズ「HHHとコーディ・ローデスのWWEは未来中心主義。成長を助けてくれる」

インタビュー

2024年のレッスルマニア40は、ビンス・マクマホンが関与しないという点でWWEにとって非常に重要なショーでした。

そこで2日間にわたってメインイベンターを務め、ついにローマン・レインズを倒して統一王座を獲得、ストーリーを終わらせたコーディ・ローデスは、新時代のWWEの主人公となりました。HHH体制におけるトップスターとして、彼は今後も団体の中心人物らしい活躍を見せてくれるでしょう。

今年のドラフトでメインロースターに昇格した元NXT王座チャンピオンのカーメロ・ヘイズは、HHH体制の、そしてコーディが中心的存在を担うWWEについて非常にポジティブな意見を持っています。出演したPodcast番組の中で、彼は次のように語りました。

コーディ・ローデスは、本当に未来を見据えて行動している人だね。HHHも同じだと思う。彼らは、これからのWWEを担う存在が誰か、将来一緒に仕事をすることになるのが誰なのかを理解してるんだ。常に耳を傾け、「よし、プッシュされているのはあの選手で、今ホットなのは誰で、いつか一緒に金儲けができるのはあいつだな」というのを知ってる。

HHHとコーディは、未来を築き、次の世代につなげていくのはこの選手たちだ…という動向を理解しているという点で、二人三脚何だと思う。今のWWEについて俺が一番好きなのは、未来中心主義とでも言うべき状況だということ。彼らは本当に、選手たちが次のレベルに到達し、成功するのを助けることに力を入れているんだよ。

(PWMANIA)

あわせて読みたい

【WWE】AJスタイルズ「スティンク・フェイスは絶対に受けたくない。嫌すぎる」
プロレス界には数多くの技が存在し、中には一部のレスラーから嫌悪感を持たれてしまうものもあります。 人によってその価値観は様々ですが、WWEのトップレスラーの1人であるAJスタイルズ...
【AEW】脚を骨折のエディ・キングストンはいつ復帰できるのか?鍵を握るのは「手術」
先日開催された新日本プロレスのアメリカ大会Resurgenceで脚を骨折してしまったAEWのエディ・キングストン。 ゲイブ・キッドを相手にSTRONG無差別級王座の防衛戦に挑んだ彼...
タイトルとURLをコピーしました