スポンサーリンク

【WWE】ランディ・オートン「WWEに携わるなら、今が最高の時期だよ」

インタビュー

ビンス・マクマホンから次世代に代替わりしながらも好調ぶりをキープするWWE。

HHHによるクリエイティブの舵取りは好評で、ビンスのいないレッスルマニア40も大評判でした。ショーのチケットはよく売れ、NetflixがRAWの放送権を獲得するなど、収益面も素晴らしい結果を残しています。

サウジアラビア大会King and Queen of the Ringに参加したランディ・オートンは、最新のインタビューで現在のWWEを賞賛し、「WWEに携わるなら今が最高の時期だ」と考えていることを明かしました。

俺が若かった頃、年配の選手たちの存在は非常に重要だった。年配の人と言うのは嫌たけど、そういうものなんだよね。

年配の人たち、ベテラン、何をすべきか知っている人たちがいて、俺たちの間違いを正すのを手伝ってくれたよ。HHH、リック・フレアー、ショーン・マイケルズ、アンダーテイカー、エディ・ゲレロ、ディーン・マレンコ、アーン・アンダーソン、ブラックジャック・ランザ、俺の父ボブ・オートン……とかね。

昔は健全なミックスがあったんだけど、俺が若手だった頃に比べて、今のWWEには若手に対するベテランの数がかなり少ない。だから、俺のような長年やってきたベテランは、新人の面倒を見るので手がいっぱいだよ。問題は、新人が多いということだね。ロッカールームのリーダーとして、若手を助けるという大きな仕事がある。

俺はWWEの未来は非常に明るいと思っているし、HHHが舵取りをしているこの時代に、この時期の一員になれたことを非常に幸運に思っているよ。今がビジネスに携わる最高の時期だと感じているんだ。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】ドリュー・マッキンタイアが「現在のロッカールームのボスたち」を語る。「ローマン・レインズにはアンダーテイカーのようなオーラがある」
かつてのWWEでは、アンダーテイカーがロッカールームのボスとして君臨し、選手たちを仕切っていました。 その存在感は絶大で、誰もが彼を畏れ、リスペクトしていました。現在のWWEには、...
【AEW】ウィル・オスプレイがWWE・HHHから皮肉を言われた辛さを語る。「自分の考えと違う人がいるからって、陰口を言うのはどうなんだ?」
2024年4月、WWE・HHHとAEWのウィル・オスプレイはお互いを皮肉る発言をし、大きな話題になりました。 レッスルマニア40開催前に配信されたパット・マカフィーの番組に出演した...
タイトルとURLをコピーしました