スポンサーリンク

【AEW】ブライアン・ダニエルソンが「パイルドライバーの危険性」を語る。「無傷で逃れるための特別な訓練をしてるよ」

インタビュー

プロレスを代表する技の一つであるパイルドライバー。

対戦相手を脳天からリングに叩き落とす非常にダメージの大きなこの技は、プロレスを知らない層にも「危険な技だ」と認識されています。プロレスラーたちもこの技を受けて平気でいられるはずはなく、フィニッシャーとして使われることも多い技です。

しかし、先日のAEW・Dynamiteでは、極悪副社長ヤング・バックスがトニー・カーン社長に対してパイルドライバーの亜種である「トニー・カーン・ドライバー(旧名メルツァー・ドライバー)」を決め、話題になりました。トニーはこの技で完全にノックアウトされ、首を痛めてしまいました。

AEWのトップレスラーで、かつて度重なる脳震盪により引退を余儀なくされたこともあるブライアン・ダニエルソンは、最新のインタビューでこのシーンについて語る中でパイルドライバーの危険性について語りました。

ヤング・バックスがトニーに対してツームストン・パイルドライバーを決めた時、俺はただトニーが無事であってほしいと思ったよ。どうか頭を守っていてくれ…ってね。

パイルドライバーを使う人が増え、頭からリングへ落ちる機会も増えてきている。だからこそ、Blackpool Combat Clubのみんなで無傷で逃れる方法を特別に訓練しているんだ。

トニーにはそのような訓練は受けていない。彼はレスラーじゃないしね。俺の最大の関心事は、トニーの身体が無事であることだった。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】HHHがザ・ロックの「ピープルズ・エルボー誕生秘話」を語る。「アンダーテイカーを笑わせるためのくだらない遊びから始まった」
ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)の定番ムーブといえば、ピープルズ・エルボーです。 武藤敬司のフラッシングエルボーにインスパイアを受けている技であることは広く知られていますが、そ...
【AEW】棚橋弘至がCollisionに登場!クラウディオ・カスタニョーリ&ダニエル・ガルシアとトリオ結成でダンス共演
現地5月25日放送のCollisionでは、クラウディオ・カスタニョーリ&ダニエル・ガルシア&「ミステリー・パートナー」VSランス・アーチャー&The Righteousのトリオマ...
タイトルとURLをコピーしました