スポンサーリンク

【AEW】Codyが語るAEWの目標とNXT。「我々の関心事はNXTじゃない」

ニュース

設立2年目に突入したAEW。ウィークリー番組”Dynamite”の視聴者数は低迷気味ですが、次回のPPV”Revolution”に向けて盛り上がりを見せています。

副社長のCodyは、インタビューで今後のAEWの目標について語りました。曰く、「我々の関心事は(ライバル番組の)NXTではない」とのこと。では何なのか?

我々は「ねえ、これは違うよ。こうやろうよ」と頻繁に言い合っているわけではない。[…]今のWWEのようなテンプレートを持っているわけでもない。あらゆることにオープンで、誰に対しても橋は架けられているのさ。レスラーたちが運営に携わるプロレス団体では、あらゆる面倒な官僚主義的手続きは排除される。我々はこれを間違っているとは考えていない。焦点を合わせているのは「楽しさ」だ。

レイティングに注目し、「90年代の再現だ。毎週木曜日は数字をチェックしなきゃ」なんてロマンチックな見方をする人たちがいる。[…]我々の関心事はNXTじゃない。向こうも同じだろうと思うよ。[…]レイティング戦争が示していないポジティブな要素として、ファンベース間のクロスオーバーが少なく、チャンネルの切り替えが少ないことが挙げられる。このことが示しているのは、水曜日の夜にプロレスを見ているファンは多いってことだ。プロレスの目的地になる番組を再び作っていくのはクールだよ。

(参考: eWrestlingNews)

あわせて読みたい

AEWがアーン・アンダーソンと契約。ヘッド・コーチだけではなく、意外?な役職にも…
2019年2月にWWEから解雇された往年の名レスラー、アーン・アンダーソンがAEWと契約を結んだことがわかりました。 アンダーソンはヘッド・コーチ、そしてCodyのプライベート・アドバイザーに就任。契約は2020年限りのようで...
【AEW】2020年最初の"AEW Dark"は2019年の振り返り。話題になった試合を振り返ろう
毎週水曜日に公開されるAEWのYoutube番組"AEW Dark"。普段はDynamiteのダークマッチを取り上げていますが、2020年の初回は2019年の振り返り。話題になった試合をもう一度見てみましょう。 取り上...
マイケル・エルガンが選ぶ2010年代のマイ・ベスト・バウト。石井智宏、ケニー・オメガ、内藤哲也、関本大介との試合も選ばれる
2019年に新日本プロレスを退団し、現在はインパクト・レスリングを主戦場としているマイケル・エルガンが、Twitterで自らが選んだ2010年代のマイ・ベスト・マッチ10試合を公開しています。 デイビー・リチャーズ戦(20...
タイトルとURLをコピーしました