スポンサーリンク

マーティ・スカルの残留に向けて全力を注ぎ込むROH。オファー額はWWE級!

ニュース

2019年11月末でROHとの契約が切れ、フリーランスになっているマーティ・スカル。プロレス界でも屈指の人気者の残留に向け、ROHは全力を出しているようです。

レスリング・オブザーバーによれば、ROHは最近スカルに新契約のオファーを出したそうです。その内容は、

  • 年間40日間ROHで働くこと
  • 金額はWWEのメインロースター級

デイブ・メルツァーは、「基本的にWWEのメインロースター級の報酬でありながら、ROHとその他のユニークな特典のために年に40日程度しか働かないというのはすごい取引だ」とコメントしています。

ROHに縛られる時間が短い分、その他の団体に参戦することが簡単になります。もしスカルがインディレスラーであり続けたいと、世界中で仕事をしたいと考えているのなら、かなり魅力的なオファーです。オブザーバーのDaily Updateによれば、契約にはROH、新日本プロレス、NWAへの参戦が含まれており、AEWへの扉も閉じられていないとのこと。

移籍先の最有力候補としてAEWやWWEの名前が挙げられることの多いスカルは一体どこの団体と契約を結ぶのでしょうか?

(Wrestling Observer, SESCOOPS)

あわせて読みたい

紫雷イオを手放したくないWWE。引き止めの手段はメインロースター入り?
先日、スターダムの親会社であるブシロードがWWEの紫雷イオとカイリ・セインの獲得を狙っているという話が話題になりました。イオはWWEに不満を抱いており、スターダムに復帰する可能性があるようです。 しかし、WWEにとっては彼女は...
ROHが2月に入場料無料のイベントを開催。去就に注目が集まるマーティ・スカルも出場
2019年は不本意な一年になってしまったROHが、2月9日にメリーランド州ボルチモアにあるUMBCイベントセンターで入場料無料のイベントを開催すると発表しました。興行名は"Free Enterprise"。 プレスリリースによ...
AEWショーン・スピアーズ(タイ・デリンジャー)が新日本プロレスのジェイ・ホワイトとの対戦を希望する
2020年1月5日に開催された新日本プロレス「レッスルキングダム14」。注目カードの1つに、AEW世界王者クリス・ジェリコと棚橋弘至のスペシャルシングルマッチがありました。ジェリコは、この試合に棚橋が勝利すれば、棚橋にAEW世界王座への挑戦...
タイトルとURLをコピーしました