スポンサーリンク

【NXT VS AEW】Dynamiteが若者からの支持を集め、視聴者数で今週もNXTに勝利。NXTも数字を伸ばすが……

データ

裏番組同士のWWE・NXTとAEW・Dynamiteのレイティング戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間2月5日放送分の結果が出ました。

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

NXT: 770,000世帯(前週712,000)

Dynamite: 928,000世帯(前週828,000)

両番組とも数字を伸ばしましたが、Dynamiteが大きく上回って勝利。2020年に入ってからの6度の放送で4回目の90万台を記録し、NXTに6連勝です。2019年末は数字が大きく落ち込んでいましたが、一転好調を維持しています。

もう1つの重要な数字である18−49歳の視聴率も見てみましょう。

NXT: 0.22(前週0.22)

Dynamite: 0.36(前週0.34)

こちらも同様にDynamiteが大差をつけています。この数字は水曜日にケーブルテレビ局で放送された全番組中11位の好成績です。NXTは34位。

細かく見ていくと、Dynamiteは18-49歳の男性の視聴率が0.50。これは全体の7位です。更に年齢を絞って12-34歳の男性では0.28。なんと全体の4位です。上にはNBA中継が2つとスポーツニュース番組が1つ。若い男性から支持を集めていることがわかります。NXTの場合、前者は0.30、後者は0.15。AEWの半分程度です。

NXTは50歳以上の男女の視聴率では毎回Dynamiteに勝利しています。課題は若者への影響力ですね。

(Showbuzz Daily)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンが語るAEWとの「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」
2019年、AEWの旗揚げによってアメリカのプロレス界における競争は激しさを増しました。AEWのウィークリー番組"Dynamite"とWWEの"NXT"は裏番組として毎週しのぎを削っており、レイティングの細かい部分にまで注目が集まっています...
ティモシー・サッチャーがWWE行きを決めたのは「日本からのアプローチがなかったから」?
先日、ヨーロッパ・インディシーンの最重要人物の一人であるティモシー・サッチャーがWWEに入団したという報道がありました。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、サッチャーがWWE入りを決断した理由を明かしてい...
タイトルとURLをコピーしました