スポンサーリンク

【WWE】生放送再開?次回のSmackDownとRAWは録画放送ではないと報じられる

ニュース

アメリカでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、WWEは、WWEパフォーマンスセンターで事前収録した映像を流すというスタイルでレッスルマニア36を放送しました。収録は3月下旬に行われ、マニア明けのRAWとNXTも既に収録済みです。

さて、今後のWWEはどのようなスタイルで活動を続けていくのでしょうか?WrestleVotesによれば、現地時間4月10日のSmackDown、13日のRAWはパフォーマンスセンターからの生放送になるだろう、とのことです。

全米各地をツアーしてライブショーを開催する、という従来の形式から無観客の会場からの放送に移行して以来、WWEはパフォーマンスセンターを会場として利用してきました。しかし、PCのあるフロリダ州では外出禁止令が出されているため、PCからの放送を続けるのであれば、抜け道を探し出す必要があると思われます。この報道が事実なのだとしたら、抜け道があったということなのでしょうね。流石にこの状況で「踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる」なんてことはできないでしょうし……。

先週の報道には、WWEは秘密のロケーションからの放送をしたいと考えているというものもありました。どうなるのでしょう?

あわせて読みたい

【WWE】レッスルマニア36の客席に「超熱狂的ファン」を入れようとしていたと報じられる
今年のレッスルマニア36は、新型コロナウイルスの感染拡大によって無観客での開催になりました。 WWEは全スタッフに対して厳しい体調チェックを行っており、ザ・ミズのように体調不良が原因でレッスルマニアの収録に参加できなかったスー...
【AEW】ケニー・オメガと中澤マイケルが約6年ぶりにタッグを組む!
今週のDynamiteで面白い組み合わせのタッグマッチが行われることが明らかになりました。 なんと、ケニー・オメガと中澤マイケルがDDT時代の2014年7月29日以来約6年ぶりにタッグを組み、ベスト・フレンズ(トレント・バレッ...
タイトルとURLをコピーしました