スポンサーリンク

【WWE】禁止技に「ターンバックル・パワーボム」が追加されたと報じられる

ニュース

WWEにはいくつかの禁止技があります。パイルドライバーはその代表例。アンダーテイカーとケインのツームストン・パイルドライバーを除き、スーパースターたちは使うことができません。

PWInsiderによれば、ある技が禁止技に追加されたようです。日本でもよく見るターンバックル・パワーボムです。4月20日に放送されたRAWでは、ナイア・ジャックスがカイリ・セインにこの技を仕掛けた際、ジャックスが投げるタイミングをミスし、カイリの後頭部が危ない形でターンバックルに激突しました。

また、ターンバックル・パワーボムはレジェンドレスラー、スティングの引退の原因になったことでも知られています。

今後、この技をWWEで見ることはなくなるでしょう。過去には、セス・ロリンズのカーブ・ストンプのように、一度禁止されたあとで復活する技もありました。ただし、カーブ・ストンプの場合、WWEはその技自体の危険性よりも外部からの批判の声を気にしていたという経緯があるそうなので、ターンバックル・パワーボムには当てはまらないかもしれません。

(PWInsider)

あわせて読みたい

【WWE】アレクサ・ブリスが語る脳震盪の恐ろしさ。「治るのを祈るだけではダメ」
WWEスーパースターの中でも屈指の人気を誇るアレクサ・ブリス。彼女は過去に引退が囁かれたことがあります。 2018年、彼女は短期間に複数回脳震盪を起こしてしまいました。約5ヶ月間もそれ以前のような活動ができなかったため、「引退...
【AEW】"Double or Nothing"でのマット・ハーディが「溺れさせられる」シーンに対する批判の声。クリス・ジェリコはどう考える
現地時間5月23日に放送されたAEWのPPV"Double or Nothing"のメインイベント「スタンピード・マッチ」は、TIAAバンク・フィールドというフットボール・スタジアムで行われました。その中で、サンタナ & オルティス...
タイトルとURLをコピーしました