スポンサーリンク

【WWE】ステファニー・マクマホンが語るディーン・アンブローズの退団。「お互いのための決断だった」

インタビュー

2019年、団体のトップスターだったディーン・アンブローズがWWEを退団しました。その後、彼はリングネームを「ジョン・モクスリー」に変更し、AEWや新日本プロレスで大暴れ。WWE在籍時以上の存在感を示すようになりました。

彼の退団についてはWWEの内外で様々な意見が飛び交いました。WWEのチーフ・ブランド・オフィサーを務めるステファニー・マクマホンは、あの出来事についてどう考えているのでしょうか?

The Bill Simmons Podcastに出演したステフは、「WWEにとっての競争相手としてのAEW」について質問され、こう語っています。

競争相手がいることで成長できるというのは長年の経験で知っています。これまでにそうした相手がいなかったわけではありません。どんな相手でも、我々にとっては競争相手なんです。耳目を集めようとするための争いが起こるのはライバルがいるからですよ。いろんな相手がいますけど、プロレス団体という直接的な相手という意味では、WWEを成長させてくれる存在かもしれませんね。競争によって、活動内容を再検討せざるを得なくなり、団体の持つ能力を最大限に発揮することに繋がるんです。いいことですよ。今以上に成長するためにはね。

(アンブローズの退団について)彼の場合は、いずれにせよ退団していたでしょうし、お互いのための決断だったと思います。私は話し合いの席にいなかったんですけどね。昔、WCWとマンデー・ナイト・ウォーズを戦っていた時は、WWEの選手がWCWに引き抜かれるということがありました。あの頃の経験から学んだことは多いですね。何よりも大事なのは契約です。口約束なんかじゃない。

我々はさらに良い団体になるべく、常に議論を続けています。ファン、株主、従業員、そして選手たちにとって最高の団体でありたいと常に考えているからです。最高の団体になりたいんですよ。

レッスルマニア37・1日目の評判は上々です。AEWが他団体を巻き込んで勢いに乗る中、WWEもうかうかしていられません。相乗効果を期待します。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】批判されがちな「台本」の存在について、ポール・ヘイマンが持論を語る。「契約を守らないといけないんだ」
WWEでは、選手たちには「台本」が与えられ、決められた内容のプロモをするのが普通です。この点については、「選手たちの自由が奪われている」などの理由で批判されがちです。 しかし、名マネージャーのポール・ヘイマンは、台本は絶対に必...
【AEW】クリス・ジェリコ、スティーブ・オースチンのトーク番組に出演へ。WWEコンテンツへの「復帰」について、AEW社長はどう考えているのか?
スティーブ・オースチンがホストを務めるWWEのトーク番組「Broken Skull Sessions」。WWEのコンテンツ配信パートナーであるPeacockで現地時間4月11日に配信される回には、AEW所属のクリス・ジェリコがゲスト出演しま...
タイトルとURLをコピーしました