スポンサーリンク

新日本プロレスとWWEの交渉は停滞していると報じられる

ニュース

先月、新日本プロレスとWWEが提携に向けて交渉中だと報じられました。後に議論の中心はダニエル・ブライアンの新日本参戦だったと判明しましたが、ずいぶん長い間交流を断っている両団体の接触は大きな話題になりました。

【海外の反応】「ホントかよ?」新日本プロレスとWWEが交渉中という噂、海外ファンはどう思った?
レスリング・オブザーバーによれば、新日本プロレスとWWEが提携に向けて交渉中とのことです。背景や影響などについては下の記事をご覧ください。 水と油……。しかし、可能性はゼロではありません。何かしらの話は本当にあるのでしょう。こ...
新日本プロレスとWWEの交渉は、ダニエル・ブライアンに関する話が中心だったと報じられる
レスリング・オブザーバーが報じた「新日本プロレスとWWEの提携に向けた交渉」。プロレスファンの間で大きな話題になりました。 PWInsiderは、取材を通してこの件の最新情報を報じています。両団体の関係者から話...
【AEW】トニー・カーン社長が「新日本プロレスとWWEの交渉」に言及。「このビジネスに"カーン"の居場所は1人分しかない」
昨日、レスリング・オブザーバーが報じた大スクープは、世界中のプロレスファンの間で話題になりました。新日本プロレスとWWEが提携に向けた交渉をしていたというのです。WWE社長ニック・カーン主導の交渉だとされています。 ...

現在、この交渉はどうなっているのでしょうか?

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、最近は話し合いが停滞しており、熱は冷めてしまっていると推測されているそうです。もし提携が実現すればプロレス界の景色が大きく変わることが予想されますが、その方向には向かっていないようですね。

コロナ禍が起こる前、WWEはNXT JAPANの設立に向けて動いていたことがあります。日本のいくつかの団体との交渉も報じられましたが、日本の文化的障壁などによってうまくいかなかったと報じられました。

今回のWWEと新日本の交渉はNXT JAPANとはまったく無関係のものだと思われますが、日本で何かをしたいという考えは変わっていないようです。今後もWWEの動きに注目しましょう。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ジョン・シナが語る「コロナ禍で得をしたローマン・レインズ」
WWEにはファンから両極端な感情を向けられる選手が時折現れます。ジョン・シナやローマン・レインズはその筆頭でしょう。ファンもいればアンチもいる。試合中にどちらからも大きなリアクションが……アンチのほうが大きいことのほうが多いかもしれませんが...
【WWE】ジーンズを履いて試合をしているリコシェ。日本の若手選手たちに刺激を受けてのリングギア変更だったことを明かす
現在、リコシェはジーンズを履いて試合をしています。以前のような派手で目を引くリングギアではなく、黒いジーンズです。 Youtube番組「Table Talk」にゲスト出演したリコシェは、その理由を語りました。 目を引...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました