スポンサーリンク

【AEW】Dynamiteニューヨーク大会のチケット売上が予想を上回る好調ぶり。団体史上最高規模の観客動員数になることが確定

ニュース

WWEのお膝元として知られるニューヨークに乗り込むAEW。現地時間9月22日放送のDynamiteは、団体とDynamiteの歴史において非常に大きな意味を持つことになります。

AEW初の「ニョーヨーク」進出が決定。クリス・ジェリコが考える「マクマホン家のお膝元で、WWEとの関係を持たない会場を利用する意義」
現地時間9月22日、AEWはニューヨークにあるアーサー・アッシュ・スタジアムでDynamiteの収録を行うと発表しました。「Grand Slam」と銘打たれた特別放送は、AEWがはじめてニューヨークに進出する記念すべき放送となります。 ...
【AEW】ニューヨーク大会のキャパは約24,000人。「完売できる?」というファンの疑問に対し、Codyがリアクション
現地時間9月22日、AEWはニューヨークにあるアーサー・アッシュ・スタジアムでDynamiteの収録を行います。 世界最大のテニス専用競技場である同会場のキャパシティは約24,000人。AEWがこれまでに開催したイベン...

WWEに次ぐ規模の団体としてスタートしたAEWですが、これまでに開催したイベントの中で最も観客動員数が多かったのは旗揚げ興行「Double or Nothing(2019)」の約11,000人。コロナ時代突入前の数字なので、WWEとの違いがはっきりと出ています。しかし、旗揚げ3年目に突入したAEWは、当時よりもロースターやストーリーが充実しており、オレンジ・キャシディやダービー・アリンのような「自前のスター」も育っています。

団体の成長がニューヨーク大会のチケット売上に表れているのかもしれません。PWInsiderによれば、この日のチケット売上は予想を上回る好調ぶりで、想定していたよりも多くの座席を開放する可能性があるそうです。

会場のアーサー・アッシュ・スタジアム(テニスの全米オープンの会場として有名)の最大キャパは約21,000席。AEWニューヨーク大会のチケットは現時点で約16,000枚売れているそうです。もともとの予定では約17,000席が上限だったものの、売れ行きの好調ぶりを踏まえ、開放予定がなかった座席のチケットを開放し始めているとも報じられています。最終的には約19,000席程度にまでチケット販売規模を拡大する可能性もあるとか。

現時点で2019年のDouble or Nothingを遥かに上回るチケット枚数を売り上げている、というのはいいニュースですね。団体としてもこの日の収録には力を入れているでしょうし。ビッグマッチやサプライズも期待できます。サプライズ……CMパンクとかダニエル・ブライアンだと会場がぶっ飛びそうですね。

CMパンクが現役復帰に向けてAEWと話し合いを続けていると報じられる
21世紀を代表するトップスターの1人であるCMパンクは、2014年にWWEを退団した後現役復帰を拒み続けてきました。今もなお高い人気を誇り、現役復帰を望むファンが多い彼について、興味深い報道がありました。 Fightfulによ...
ダニエル・ブライアンとWWEのステータスはどうなっているのか?他団体移籍の可能性も
2021年4月30日にWWEとの契約を満了し、フリーランスになったダニエル・ブライアン。WWEが新日本プロレスとの提携交渉の中心に据えていたとも報じられていたこともあり、なんだかんだあってまたWWEと契約するのではないか、という意見が多かっ...

(PWInsider)

あわせて読みたい

【WWE】サモア・ジョーが試合復帰へ。「TakeOver 36」であの男と対戦
現地時間7月21日に行われたNXTの収録(来週放送分)で、サモア・ジョーの試合復帰が発表されました。 2020年1〜2月に立て続けに脳震盪を起こしてしまったことが原因でリングを離れ、コメンタリーチームや番組出演者としての活動を...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました