スポンサーリンク

【WWE】ハリー・スミス(デイビーボーイ・スミス・ジュニア)復帰の背景には何があったのか?当初の計画とは

ニュース

WWEに復帰したハリー・スミス(デイビーボーイ・スミス・ジュニア)。新日本プロレスを退団し、MLWを主戦場としていた時期からたびたびWWEとの関係が噂されており、実際には2021年4月に契約を結んだいたものの、実際に復帰戦に臨んだのは7月でした。

【WWE】デイビーボーイ・スミス・ジュニアが10年ぶりのWWE復帰・契約に感無量。「どれだけ成長したかを示したい」
全米ツアーを再開するWWE。その嚆矢となった現地時間7月16日放送のSmackDownで行われたダークマッチに、なんとハリー・スミスの姿がありました。2011年以来のWWE登場となった彼は、インディシーンでは「デイビーボーイ・スミス・ジュニ...
【WWE】デイビーボーイ・スミス・ジュニアが古巣復帰の可能性に言及。「NXTに興味がある」
2020年にMLWとの契約が満了したデイビーボーイ・スミス・ジュニア。以前から古巣WWEへの復帰の可能性が話題になっています。 Metroのインタビューの中で、彼はWWEについて次のように語っています。 かな...

レスリング・オブザーバーは、スミス復帰のバックストーリーを報じています。曰く、WWEのタレント・リレーション部門で責任者を務めているジョン・ロウリネイティス(ジョニー・エース)がスミスの復帰を強く後押ししたとのこと。

当初のアイデアでは、スミスはNXT UKに参戦し、トップベビーフェイスとして活躍することが予定されていたとのこと。しかし、新型コロナウイルスを巡る状況によって計画は変更されました。ロウリネイティスはスミスをメインロースターとして起用することを主張し、WWE最高責任者のビンス・マクマホンはスミスをSmackDownの一員とすることを望んだそうです。

スミスのWWE復帰が噂され始めたのは、父デイビーボーイ・スミスがWWE殿堂入りするという報道が出た2020年2月のことです。パンデミックが起きていなければ、復帰はもっと早かったかもしれません。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコのデスマッチがドミノ・ピザを怒らせる。ジョン・モクスリー「ドミノピザ落ち着け」
Dynamiteの最新回では、クリス・ジェリコとニック・ゲイジによるデスマッチが行われました。 この試合のハイライトは、ゲイジがピザカッターでジェリコのおでこを切り刻んだ直後にドミノ・ピザのコマーシャルが流れたことです。ひどい...
【AEW】ジョン・モクスリーと「新日本プロレスの大スター」の対戦がPPV「ALL OUT」で計画されている
AEW・Dynamiteの最新回にビデオメッセージを送った新日本プロレスの棚橋弘至。長らくジョン・モクスリーが腰に巻き続けてきたIWGP USヘビー級王座への挑戦表明でしたが、現王者ランス・アーチャーとのタイトルマッチは新日本のロサンゼルス...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました