スポンサーリンク

カート・アングルからAEWにアドバイス。「WWEに追いつこうと思ってはいけない」

4月のレッスルマニア35で引退し、現在はプロデューサー職の勉強に勤しんでいるカート・アングル。先日、AEWがかつてWCWを放送していたテレビ局TNTとの契約を発表した後で応じたインタビューの中で、アングルはAEWについて言及していましたので、紹介します。

「WWEに追いつこうと思ってはいけない」

「AEWがうまくいくことを信じている」と語るアングル。ただし……。

かつてのTNTはうまくいっていた。WCWもそう。ROHだって素晴らしい時期があった。でも、WWEに追いつこうと思ってはいけないよ。もしそれを目指すのなら、支払うべきではない規模の金額を使わないといけない。

  1. 無駄なお金を使わないこと
  2. WWEと同じ規模の団体になることを狙わないこと

この2つをアドバイスしたアングル。そのかわりに、業界第2位の団体になるよう努力することを推奨しています。

No.2になることを推奨

彼らは第2位の団体になるだろう、ということを理解する準備をするべきなんだ。もしナンバーワンになりたいのなら、好きにすればいい。

やれよ。金を使え。できるかどうか確かめてみればいいんだ。でも、WWEになれるかどうかは極めて疑問だ。特に、現時点ではね。WWEはグローバルな団体だ。雪山を転がり落ちる雪玉のような存在だ。どんどん巨大になっている。もう小さくなることはない。常に大きくなり続けるんだ。

WWEの成長に追いつくことはできないから、第2位の地位を確固たるものにしろ!ということですね。TNAはWWEに追いつこうとして衰退してしまいましたが、AEWは過去の失敗から学ぶことができるでしょうか。

(comicbook.com)

あわせて読みたい

AEW社長が語るAEWの魅力。WWEとの違いは「スポーツライク」にある
5月25日に旗揚げ興行"Double or Nothing"を開催するAEW。社長のトニー・カーンがインタビューに応じ、AEWの魅力、WWEの違いについて言及しました。 スポーツ、アスリート カーンは、「スポーツ」「アスリート」...
PACのAEW参戦キャンセル騒動。どういう流れでアナウンスされたのか、原因は何なのか、一体何があったのか?
5月25日に旗揚げ興行"Double or Nothing"を開催するAEWに関する騒々しいニュースが飛び込んできました。現オープン・ザ・ドリームゲート王者で、DoNでは"ハングマン”アダム・ペイジとシングルマッチを行う予定だったPACが、...
新日本プロレスとROHがヤング・バックスとの契約延長に乗り気なら、AEWは存在しなかった?YBが語るAEW創立前夜
5月25日に旗揚げ興行"Double or Nothing"を開催するAEW。同団体の中心人物であるヤング・バックスのニック・ジャクソンが、新日本プロレスとROHについて語りました。基本ディスりです。 新日本とROHに不満を抱いていたバッ...
タイトルとURLをコピーしました