スポンサーリンク

【WWE】選手のリストラは今後も続く。団体内の合言葉は「it’s business」

ニュース

2021年のWWEは所属選手を積極的にリストラしています。

【WWE】ボビー・フィッシュやアレックス・ゼインら12人の選手が解雇される
所属レスラーとの契約解除による経費削減に熱心なWWE。今日、12人の選手が解雇されました。 解雇されたのは以下の9人。日本のプロレスファンにもおなじみのボビー・フィッシュとアレックス・ゼインも含まれています。 ボビー...
【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景にあった「社長とCFOの執着」とは
今日、WWEはブレイ・ワイアットを解雇しました。 PWInsiderは、この件の背景を報じています。 まず、ワイアットに解雇を伝えたのはタレント・リレーション部門の責任者を務めるジョニー・エースで、「シンプルに予...
【WWE】解雇されたタイラー・ブリーズがエグゼビア・ウッズとの友情を語る。ゲームで絆を深めた2人
先日、WWEは新たに13人の選手を解雇しました。その中にはNXTで活動していたタイラー・ブリーズも含まれていました。 今日、彼はInstagramでエグゼビア・ウッズとの友情を語りました。2人は親友です。 友人に感謝を述べた...

定期的に起きている大量リストラを主導しているのはニック・カーン社長で、彼とCFOのクリスティーナ・サレンは「WWEが会計上ほんの少しでも赤字にならないことに執着している」とされています。

これまでのWWEであれば、リストラの理由は「もはや致し方ないか」と思うようなものが多かったはず。しかし、最近では、人気選手だったブラウン・ストローマンやブレイ・ワイアット、復活に向けてクリエイティブ・チームが動いていたアリスター・ブラック、つい最近までNXT北米王座のチャンピオンだったブロンソン・リード、5月に入団したばかりのアリ・スターリング(アレックス・ゼイン)など、これまでであればリストラの対象にはならなかったであろう選手までリストラされるという状況になっています。

Fightfulが取材した匿名のWWE上層部によれば、リストラは今後も定期的に敢行されるとのこと。また、2016年夏から2020年初頭までの間、大量リストラが議論されたことはなかったそうです。新型コロナウイルスのパンデミックが起きたタイミングで社内の認識が変わり、 2020年8月にニック・カーンが社長に就任した……という流れが2021年のリストラにつながっているのかもしれません。世界中にパフォーマンスセンターを作り、大量に抱え込んだ選手たちを各地に巡回させる、というアイデアを実現しにくい状況になってしまいましたしね。

大量リストラについて、団体内では「it’s business」が合言葉になっているようです。WWEにとっては合理的な判断なのかもしれませんが、プロレス界全体に与える影響はあまりにも大きい。今後、プロレス界の光景や、選手たちの考え方に変化が起きていくのでしょう。リストラされた大物選手が、キャリアに見合った活躍の場を得られない…ということもあり得るかも。AEWのオーナーは大富豪ですが、すべてのレスラーに光を当てられるほどのプロダクトを所有しているわけではありません。

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】今月中に契約が切れるアダム・コールとビンス・マクマホンの面談が行われる
現在、WWEは2人のNXT所属選手の契約問題に直面しているとされています。アダム・コールとピート・ダンです。 Fightfulによれば、先日のSmackDownの放送前にコールとビンス・マクマホンの面談が行われ...
【WWE】サモア・ジョーが「タレント・スカウト部門での仕事」を語る。「本当に楽しみ」
現地時間8月22日に開催される「NXT Takeover: 36」でカリオン・クロスの持つNXT王座に挑戦するサモア・ジョー。脳震盪による長期欠場から久々に復活します。 復活までの道のりは平坦ではありませんでした。2021年4...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました