スポンサーリンク

【AEW】2022年にイギリス大会が行われる予定だと報じられる

ニュース

AEWは旗揚げ当初からイギリス進出を公言しており、2020年にイギリス大会が行われる計画がありました。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックにより計画は中止に。

AEWのオーナーである大富豪カーン一族は、イギリスのプロサッカーチーム、フラムFCのオーナーでもあります。AEW社長のトニー・カーンは、フラムFCの本拠地クレイヴン・コテージでショーを開催したいと発言していました。

【AEW】トニー・カーン社長が「ブライアン・ダニエルソン」「海外遠征」「WWEのリクルート方針の変更」に言及する
2019年に設立されたAEWを率いるトニー・カーン。彼の影響力は日に日に強くなっています。WWEのビンス・マクマホンとは異なり、トニーはメディアで発言する機会がとても多いので、発言の内容が話題になることも多いですね。 レスリン...

レスリング・オブザーバーによれば、AEWは2022年にクレイヴン・コテージでショーを開催する予定になっているとのこと。コロナウイルスの状況が悪化しない限り実現するそうです。サッカースタジアムとしての収容客数は22,230人ですが、プロレス仕様だと少し増えるかもしれません。ニューヨークで2万人規模のイベントをようやく成功させたばかりということもあり、満席になるかどうかはわかりませんが、海外進出はいいことです。

2年後しのイギリス進出。ケニー・オメガは日本進出の可能性について「コロナがなければ、もっと早い段階でやっていたと思う」と発言していましたし、はやく日本にも来てほしい!

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがWWEから「怪我しやすい選手」だと思われていたことを明かす。「そんなことないよって感じ」
プロレス界のトップパフォーマーであるブライアン・ダニエルソンは、WWE時代の2016年に「度重なる脳震盪」を理由に引退に追い込まれたことがあります。2018年に復帰しましたが、試合を許されなかった時期は葛藤を抱えていました。 ...
【IMPACT】リッチ・スワンがケニー・オメガとの対決を振り返る。「ベストバウト・マシーンと呼ばれるのには理由がある」
2021年4月にインパクト・レスリングで行われたタイトル VS タイトルマッチ。インパクト統一世界王座チャンピオンのリッチ・スワンとAEW世界王座チャンピオンのケニー・オメガが激突し、勝利したケニーがインパクト統一世界王座を獲得しました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました