スポンサーリンク

【AEW】テレビ番組の放送局。DynamiteだけがTBSに移動し、RampageがTNTに残るのはなぜ?

ニュース

WWEのメインブランド、RAW & SmackDownはそれぞれ別のテレビ局で放送されています。RAWはNBC系のUSA Network、SmackDownはFOX。別ネットワークということもあり、WWEは気配りに敏感です。

【WWE】NBCとFOXが最近のWWEに不満。ビンス・マクマホンはどのようにバランスを取っていくのか?
現在、WWEのウィークリー番組は3つあり、RAWとNXTはNBC傘下のUSA Networkで、SmackDownはFOXで放送されています。そして、WWE NetworkのコンテンツはNBC傘下の動画配信サービス「Peacock」に吸収さ...
【WWE】ベッキー・リンチ & ブロック・レスナーがSmackDownで復帰することに対し、RAW放送局が快く思っていないと報じられる
SummerSlamでサプライズ復帰を果たしたベッキー・リンチとブロック・レスナーはSmackDownへの合流が予定されています。ベッキーはヒール、レスナーはベビーフェイスとして活動していくことが計画されているそうです。 WW...

一方、AEWはワーナーメディアの一員です。現在、DynamiteとRampage(2021年8月から放送開始)はTNTで放送されていますが、2022年1月からDynamiteだけが同系列のTBSに移動します。2つの番組が同じネットワークの中で放送されるため、番組の内容を密接にリンクさせることができます。

【AEW】Dynamiteの放送局がグループ内移動。これに伴う新タイトル導入も?Rampageは引き続きTNTで放送
今日、DynamiteとRampageを放送するケーブルテレビ局TNTの親会社であるワーナーメディアが2番組に関する発表を行いました。 以前の発表では、2番組は2022年から放送局がTBS(コメディやスポーツ番組を中心としたケ...

「2022年から放送局が変わる」ということは以前から知られていましたが、元々は2番組ともTBSに移動する予定になっていました。これは、ワーナーメディアがNHLの放映権を獲得したことで、Dynamiteが放送される水曜日の夜にTNTがNHLの中継を担当する可能性があることを考慮した決定です。

【AEW】2022年からDynamiteの放送局がTBS(アメリカ)に移動。今年8月からは新番組もスタート
AEWのテレビ放送について大きな動きがありました。2つの重大発表があったのです。 まず1つ目。今日、AEWは新番組「AEW: Rampage」が現地時間8月13日夜(金)にTNTで放送されることを発表しました。Dynamite...

しかし、最近になって「DynamiteだけがTBSに移動し、RampageはTNTに残る」と発表されたのです。なぜ計画は変更されたのでしょうか?

レスリング・オブザーバーによれば、TNTはRampageの成功ぶりに驚いているとのこと。同番組は金曜夜10時から放送されていますが、TNTはこの時間帯でのレイティングに苦しむ傾向にありました。しかし、Rampageの放送開始後は以前と比べ18〜49歳の視聴率が2倍に伸びているのだそうです。Rampageの放送開始により大きな利益を得られるようになったんですね。水曜とは異なり、金曜の夜にNHLやNBAといった人気スポーツ番組が放送されることはないため、強力な競合番組に邪魔をされることなく安定した数字を確保できることもTNTにとっては魅力的です。

また、AEW社長トニー・カーンがTNTとTBSの両方で番組を持つというアイデアを気に入ったため、RampageがTNTに残すことが決まったとのこと。

CMパンクをRampageで復活させるといった力の入れ方が功を奏した形ですね。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】2022年にイギリス大会が行われる予定だと報じられる
AEWは旗揚げ当初からイギリス進出を公言しており、2020年にイギリス大会が行われる計画がありました。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックにより計画は中止に。 AEWのオーナーである大富豪カーン一族は、イギリスのプロサッカ...
【AEW】ブライアン・ダニエルソンがWWEから「怪我しやすい選手」だと思われていたことを明かす。「そんなことないよって感じ」
プロレス界のトップパフォーマーであるブライアン・ダニエルソンは、WWE時代の2016年に「度重なる脳震盪」を理由に引退に追い込まれたことがあります。2018年に復帰しましたが、試合を許されなかった時期は葛藤を抱えていました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました