スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホン、ブルース・プリチャードら団体上層部がRAWの収録を欠席

未分類

RAWの最新回のバックステージに異変が。

PWInsiderによれば、最高責任者のビンス・マクマホンのほか、エグゼクティブ・ディレクターのブルース・プリチャード、エグゼクティブ・プロデューサーのケビン・ダンといった団体上層部が収録を欠席したそうです。代わりに、リードライターのエド・コスキーとタレント部門責任者のジョニー・エースが収録を仕切ったとのこと。

上層部が欠席した理由は不明ですが、WWEでは先週から内部に新型コロナウイルスの感染者が何人か出たため、対策として現場のプロデューサーの数を減らしているそうです。

最近、プリチャードは欠席が増えており、コスキーが彼の代わりを務めているようです。何が起きているのか…。

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】ケビン・オーエンズが「今のNXTでの仕事に興味がない理由」を語る。「俺がいた頃とは違う」
インディシーンで大活躍した後、2014年にWWEは入団したケビン・オーエンズ。 NXTでも、メインロースターとしても高い適応力を見せるKOは、2019年に一時的にNXTへ復帰し、PPV「TakeOver: WarGames I...
DDPが2019年にジョン・モリソンへAEW入団を提案していたことを明かす
2019年に約8年ぶりにWWEへ復帰したジョン・モリソン。2021年11月に人件費削減のために解雇されました。 インパクト・レスリングとの契約が切れた後の決断は「古巣」でしたが、彼と親しいレジェンドレスラーのダイヤモンド・ダラ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました