スポンサーリンク

トニー・ストームがWWEから退団したと報じられる

ニュース

シャーロット・フレアーと抗争していたトニー・ストームが退団したと報じられています。

Fightfulはこの件についてWWEに確認済とのこと。どうやら、彼女から退団を要求したようです。契約途中での退団者には90日間の競業回避義務が課せられるため、他団体参戦は2022年3月以降になりそうです。

退団の理由は不明。団体が一方的に彼女を解雇したわけではないので、最近よくある人件費削減が目的ではありません。スター候補に何があったのか…。

ストームの最後の試合は12月28日のハウスショー。シャーロット、サーシャ・バンクスとのトリプル・スレット・マッチでした。17日にはSmackDownでシャーロットの持つSmackDown女子王座に挑戦し、敗れています。

あわせて読みたい

マット・ハーディー「AEWはハーディー・ボーイズのラストランの場にふさわしい」
色々あってWWEから解雇されたジェフ・ハーディー。 兄マットがいるAEWへの移籍も期待されていますが、競業回避義務が課されるため、2022年2月以降にならなければ他団体に参加できません。 ファンはハーディー・ボー...
【WWE】ビンス・マクマホン、ブルース・プリチャードら団体上層部がRAWの収録を欠席
RAWの最新回のバックステージに異変が。 PWInsiderによれば、最高責任者のビンス・マクマホンのほか、エグゼクティブ・ディレクターのブルース・プリチャード、エグゼクティブ・プロデューサーのケビン・ダンといった団体上層部が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました