スポンサーリンク

【WWE】カリオン・クロスとスカーレットがWWEでの苦悩を語る。「2021年にこれはダメだろう」

インタビュー

カリオン・クロスにとって、2021年は複雑な一年になりました。

NXTではビッグスター。NXT王座のチャンピオンとして活躍する機会を得ました。しかし、メインロースターに昇格するとクリエイティブ・チームに翻弄され、賛否両論のリングギアチェンジなどもあり、波に乗り切れないまま団体から解雇されてしまったのです。

【WWE】カリオン・クロスの新しいリングギアが話題に。「目立たないと売れない」
RAWの最新回でリコシェと対戦したカリオン・クロスの新しいリングギアが話題になっています。 Karrion Kross: How it Started How it's Going #WWERaw pic.twitter.c...
【WWE】ビンス・マクマホンはカリオン・クロスの働きに不満だったと報じられる
先日、WWEは18人の選手を解雇しました。その中には、NXTで成功しながらもメインロースターとしては結果が残せていなかったカリオン・クラスの名前も含まれていました。 レスリング・オブザーバーによれば、WWEの最...

ルネ・パケットのPodcast番組にゲスト出演した彼と妻のスカーレットは、メインロースターとしての苦悩を語りました。あのリングギアを見た時、彼はどう思ったのでしょうか?

クロス:(メインロースターでの演出が)どんな感じになるのかをメールで教えてもらってさ。音楽も入場も変わるらしい、と。これまでのものを強化する、これからはこれが通常バージョンになるようだった。スカーレット(妻)にリングギアを見せた時、俺は笑っちゃったんだよ。「快適に過ごせるかもしれないけど、2021年にこれはダメだろう」と言った。こういうことだと思うんだけど、「一緒に働くのが難しい人だ」と評価されるのは誰にとっても嫌なものだよ。「あれもこれもやりたくないと言う人」なんて思われるのは嫌だろ?で、俺はここ(WWEの外側)にいるわけ。

NXTでは夢のような経験をした。あそこでは俺のアイデアが受け入れられたんだ。みんなで協力し合いながらやっていたよ。プロフェッショナルとして、俺は与えられたアイデアを受け入れたいと思ってた。NXTでは、俺が考えたアイデアや、何か言いたいことがあったとしたら、いつも熱意を持って受け入れられていたから。良くないアイデアを改良してもらうこともできたよ。だから、「彼らには俺のことに関わる義務がある」と思ってた。

スカーレット:私たちは、WWEと契約しようとしていた時、「クリエイティブの自由を引き換えに安定した収入を得るんだ」と考えてた。WWEのおかげで家を買えたしね。パンデミックの間も仕事があったことには感謝してるんだ。私の家族の中には失業しちゃった人もいたからね。インディペンデント・シーンのみんなも苦しんでた。だから、私たちはWWEで与えられたすべてのことに感謝してたよ。元々は私たちのお金じゃないわけだから、どんなことがあっても感謝の気持ちは忘れないようにしてたし、何があってもベストを尽くそうとしてた。

クロスには報われてほしいです。またスポットライトを浴びる日が来るといいのですが…。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】増え続けるロースター…。トニー・カーン社長「レスラー獲得を見極める時期に来ている」
2021年、AEWは多くのレスラーをロースターに加えました。 CMパンクやブライアン・ダニエルソンといった大物からダニエル・ガルシアやリー・モリアーティのような未来のスターまで、その顔ぶれは多様です。 しかし、ロースター...
【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトは「いつAEWに出るの?」と聞かれることにうんざりしている
新日本プロレスのトップ外国人スター、ジェイ・ホワイト。 卓越した試合運び、優れたマイクスキルはプロレスファンから高く評価されています。新型コロナウイルスのパンデミックにより外国人レスラーの来日が以前のようにいかない昨今、新日本...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました