スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長がブリット・ベイカーの大躍進を語る。「成長を見守るのは楽しかった」

インタビュー

2021年のAEWでは多くのレスラーがスポットライトを浴びましたが、最も躍進したのは現AEW女子世界王座チャンピオンのブリット・ベイカーでしょう。

スタートして開花する土壌を築いた2020年を経て、3月にDynamiteで放送されたサンダー・ロサとの血みどろのデスマッチが決定打となってナチュラルスターに成長したベイカー。

【AEW】ブリット・ベイカーが明かす「サンダー・ロサとのデスマッチに対するパートナー、アダム・コールのリアクション」
ここ最近のAEWでは、女性戦線を盛り上げるための活動が目立っています。日米で開催されたトーナメントや、サンダー・ロサとブリット・ベイカーによる血まみれのLights Outマッチはとても話題になりました。 特に、ロサとベイカー...

社長のトニー・カーンは、彼女の躍進について次のように語っています。

ケニー(・オメガ)は「ブリットはヒールの方がいい」と言っていたし、俺もそう思った。彼女はケニーやCody、クリス・ジェリコから素晴らしい指導を受け、それにコミットしたんだよね。ジェリコ・クルーズの時、我々は「ベイカーが『トニー・シヴァーニが低迷期にスターバックスで働いていたこと』をこき下ろす」というプロモをやろうという話になってさ。世界中でひんしゅくを買うだろうなと思ったし、それが始まりだったんだよ。

ブリットがヒールとして発展途中にあった時、誰もが彼女にチャンスを与えたわけじゃなかったんだ。俺は彼女への批判を全部覚えてるよ。だから、若くて強い決心を持っているレスラーのことを諦めちゃダメだ、というのは重要な教訓だ。彼女が毎週のように良くなっていったのは明らかだし。彼女は、自分のキャラクターに集中して、番組内での存在感を高めることを優先させていたんだ。レバとの素晴らしい化学反応を見つけて、トップ・チャンピオンや悪役としての役割で成長しているのを見守るのは本当に楽しいことだった。

来年、彼女のように飛躍する女性レスラーは現れるのでしょうか?

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトは「いつAEWに出るの?」と聞かれることにうんざりしている
新日本プロレスのトップ外国人スター、ジェイ・ホワイト。 卓越した試合運び、優れたマイクスキルはプロレスファンから高く評価されています。新型コロナウイルスのパンデミックにより外国人レスラーの来日が以前のようにいかない昨今、新日本...
【AEW】増え続けるロースター…。トニー・カーン社長「レスラー獲得を見極める時期に来ている」
2021年、AEWは多くのレスラーをロースターに加えました。 CMパンクやブライアン・ダニエルソンといった大物からダニエル・ガルシアやリー・モリアーティのような未来のスターまで、その顔ぶれは多様です。 しかし、ロースター...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました