スポンサーリンク

【AEW】3年契約の3年目。クリス・ジェリコら古参組の契約状況はどうなっているのか?

ニュース

2019年1月1日に設立されたAEW。所属レスラーたちは団体と3年契約を結ぶことが多く、初年度に契約したレスラーたちの多くは今年中に契約満了を迎えることになります。

【AEW】ヤング・バックスに続き、Cody & ケニー・オメガとの再契約を狙うトニー・カーン社長
先日、AEW副社長のヤング・バックスが団体との契約を2024年1月1日まで延長することに合意したと報じられました。 バックス、Cody、ケニー・オメガの副社長4人集は、AEW設立時に団体と複数年契約を結びました。バック...
FTRとAEWの契約は残りわずか。「AEWと新日本プロレスのタッグタイトルを獲りたい」
タッグ戦線が非常に充実しているAEWにおいてトップクラスの働きを見せているFTR(ダックス・ハーウッド & キャッシュ・ウィーラー)。WWEで「The Revival」として活動していた時からクオリティの高さは変わりません。 ...
【AEW】ジョーイ・ジャネラが無観客時代の苦悩を語る。「観客がいないとアドレナリンが出ない」
新型コロナウイルスの世界的流行は常識を変えました。プロレス団体の対応は様々で、WWEは客席にバーチャル観客を登場させ、ROHは活動を停止。AEWは無観客での収録を続けました。 AEWのジョーイ・ジャネラは、インタビューで無観客...

副社長のケニー・オメガは4年契約を結んでいたため、契約満了は2023年2月。ヤング・バックスは2021年11月に2年の契約延長に合意しています。

レスリング・オブザーバーによれば、クリス・ジェリコ、ハングマン・ペイジ、Cody & ブランディ・ローデスといった、現在もテレビ番組で目立つ役割を与えられているレスラーたちは再契約に合意したようです。AEWからの公式発表はないものの、舞台裏で話が進んでいたみたいですね。

また、ナイラ・ローズ、ブリット・ベイカー、元SCUメンバー(クリストファー・ダニエルズ、フランキー・カザリアン)といったレスラーたちは今後数週間のうちに契約満了を迎えることになります。ちなみに、元SCUのスコーピオ・スカイは2021年10月に新たな5年契約に合意したことを明かしています。

テレビ番組での出番が少なくなってしまったジョーイ・ジャネラは、2022年5月に契約が満了することを明かした上で、新しい契約を勝ち取るためにはステップアップが必要だ、とコメントしていました。ロースターが拡大するということは、生き残りをかけた争いが熾烈になるということ。今年はいろんな動きがあるかもしれません。

(Wrestling Observer, WhatCulture)

あわせて読みたい

WWEはAEWの「グロさ」を一般受けしないと考えている
「流血」というキーワードは、プロレス団体の性格を示す要因の1つです。 WWEでは流血を画面に映すことを避けますが、AEWはそれをいとわない傾向があります。テレビ番組で大流血シーンが放送されたことも少なくなく、2021年にはブリ...
【WWE】HHHが新日本プロレス&ROH「G1 SUPERCARD」開催の阻止を狙っていたと報じられる
2019年4月、新日本プロレスとROHはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で合同興行「G1 SUPERCARD」を開催しました。 WWEとの関わりが非常に強い団体で行われた歴史的なイベントは、販売開始から1...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました