スポンサーリンク

【WWE】ニック・カーン社長が団体売却の可能性とビンス・マクマホンの今後に言及。「ビジネスにはオープンだが…」

ニュース

2021年のWWEは経費削減に積極的な姿勢を見せています。選手やスタッフを整理し、少しでも赤字になることを避けているのです。

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景にあった「社長とCFOの執着」とは
今日、WWEはブレイ・ワイアットを解雇しました。 PWInsiderは、この件の背景を報じています。 まず、ワイアットに解雇を伝えたのはタレント・リレーション部門の責任者を務めるジョニー・エースで、「シンプルに予...

新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから現在に至るまで、WWEからリリースされた選手は100人以上に達するそうです。以前はこれほど頻繁に選手がリリースされることは考えられませんでした。こうした動きは団体売却に向けたものなのではないか、という憶測も流れるような状態です。

社長のニック・カーンは、Recode Mediaの取材の中で「来年中にWWEが売却される可能性はあるのか」という質問に答えています。

我々のビジネスはあらゆる物事を対象にしています。最近発表したビジネスプランの中には、団体の伝統とは異なるユニークなものも含まれていますよね。ビジネスに対してはオープンな姿勢を取っているし、連絡してくれたら話を聞くでしょう。ただ、積極的なわけではないし、市場に出て構造を変えようとしているわけでもありません。

また、御年75歳の最高責任者ビンス・マクマホンについては、

ビンスに何らかの計画があるとは思わないし、退任すべきだとも思いません。もうすぐ76歳になるけど元気ですし、あと50年は続けられそうな感じですよ。あなたは49年後にも同じ質問をしてるんじゃないですかね。

とコメントしています。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】鈴木みのるのGCW遠征が決定。9月から10月にかけて4大会に出場へ
鈴木軍のボス、鈴木みのるがアメリカで暴れます。 今日、アメリカのインディ団体GCWがみのるの参戦を発表しました。現地時間9月17日のロサンゼルス大会を皮切りに、ニューヨーク、アトランタを経て再びロスへ。1ヶ月の遠征で4大会に出...
【WWE】ジンダー・マハルが「史上最悪のWWE王座チャンピオン」というレッテルに反論。「懸命な努力の結果だ」
2017年5月から11月までWWE王座を戴冠していたジンダー・マハル。彼のタイトルランは「インド市場を開拓するためだけのものだった」と考えるファンも多く、日本のファンとしては歯がゆい思いをしたものです……。 ただし、本...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました