スポンサーリンク

WWEを退団したトニー・ストームがインディ団体からのブッキング募集を開始

ニュース

トニー・ストームが活動再開に向けて動き出しました。

今日、彼女はInstagramでインディ団体からのブッキングを募集していることを発表しました。

彼女は2021年12月29日にWWEを退団。退団直前までテレビ番組に定期的に出演しており、12月24日放送のSmackDownではシャーロット・フレアーの持つSmackDown女子王座に挑戦していました。通常、メインロースターが契約途中で退団した場合、90日間の競業回避義務が課せられます。しかし、彼女の場合はNXTロースターと同様の30日間だったようですね。

マラカイ・ブラック(アリスター・ブラック)がWWEの競業回避義務を批判。「3ヶ月もいるか?」
WWEから契約途中で解雇された選手たちには一定期間の競業回避義務が課せられ、他団体と契約することはできません。メインロースターは90日間、NXT所属選手は30日間。その間、WWEから給与が支払われるものの、選手として試合ができないのというデ...

2018年のメイ・ヤング・クラシックに優勝した後、NXT UKを主戦場に活躍してきたストーム。NXT UK女子王座のチャンピオンを獲得するなどの実績を残しています。ルックスも良く、WWEでスターになれる逸材でしたが……。

あわせて読みたい

【WWE】NXTに外部のレスラーが参戦する可能性についての検討が進んでいると報じられる
PPV「Royal Rumble」での女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパクト・レスリングからミッキー・ジェームスが参戦します。他団体のレスラーがPPVに参戦するのは異例です。 AEWのマット・ハーディーは、この決断の背...
【WWE】ドミニク・ミステリオはAEWとの「禁断の扉」が開くことに前向き。「HOOK」
WWEとAEWはライバル関係にあります。市場規模や知名度などはどう考えてもWWEの方が上。しかし、AEWは勢いに乗っています。 両団体のレスラー同士が交わることは現実的ではありません。WWEは「Royal Rumble」での女...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました