スポンサーリンク

WWEとインパクト・レスリングの関係は今後も続く?ミッキー・ジェームスが持論を語る。「扉は開かれている」

インタビュー

2022年の「Royal Rumble」で行われた女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパクト・レスリング所属のミッキー・ジェームスが参戦しました。

WWEでの活動歴も長い彼女の参戦は大きな話題になりました。他団体からWWEに誰かが参戦する機会はとても珍しいものになっていたからです。AEW設立以降、WWEは他団体とのコラボレーションに前向きな姿勢を取るようになったとされています。もしかしたら、かつてのライバル団体だったインパクトとの関係を続けていくかもしれません。

Denise Salcedoのインタビューに応じたミッキーは、今後の両団体の関係について質問され、次のように答えました。

私はいいと思う。いつどうなるかはわからないけど、(ミッキーのランブル参戦は)WWEにとっては水を試すチャンスだったし、どうなるかを確認するためのものだったんだと思うな。みんな「これはすごいことになる。視聴率も上がるし、大きな話題になるぞ」と言ってるけど、実際にどうなるかはやってみないとわからないよね。

彼らは可能性を見定めていると思う。ファンがどう反応するのか、男子部門やタイトルマッチでもやるかどうか、みたいなことをね。少なくとも、今は可能性と扉が開かれた状態だと私は感じてる。

もしWWEとインパクトのコラボレーションが継続するのであれば、ちょっと前までは考えられなかったことがたくさん起こるかもしれません。The Good Brothers(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)が狙っていたAJスタイルズの復帰が実現するかもしれないし、元ROHのケニー・キングが望んでいたWWEとROHの提携だって実現不可能ではなくなるでしょう。

【ROH】ケニー・キングがWWEとの提携を主張。「橋を架ける時かもしれない。固定観念を打ち壊してはどうか」
2021年のプロレス界は団体同士の交流が活発です。AEWを中心に、インパクト・レスリング、新日本プロレス、AAA、NWAの間でレスラーの行き来が行われていますよね。しかし、この流れに乗っていない団体もあります。 それはWWEと...
【WWE】ドク・ギャローズ「AJスタイルズは最低でも一度はインパクト・レスリングに復帰する」
オモスとのタッグチームで活躍中のAJスタイルズ。ベテランの域に入ってもトップクラスのパフォーマーであることに変わりはありません。 1999年デビューのAJは様々な団体で活動してきました。若手の頃はTNAで、2010年代中盤は新...

Fightful

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコが「AEWにおけるアンダーテイカー的な役割」について語る。「ロッカールームにいるべき存在」
AEW所属のクリス・ジェリコ。新日本プロレスやWCWで活躍したのちWWEに入団し、以降はトップスターとして活躍してきました。2019年にはAEWに入団し、AEW世界王座の初代チャンピオンとして暴れまわり、新日本にもそのベルトを持って参戦した...
【AEW】ランス・アーチャーが「ムーンサルトを頭部で着地してしまい、2ヶ月間欠場したこと」を振り返る。「死んでいたかもしれない」
2021年10月に放送されたDynamiteでのエディ・キングストン戦において、コーナートップからのムーンサルトプレスを頭部で着地してしまい、試合続行が不可能になったランス・アーチャー。 その時の様子をファンが撮影した動画がこ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました